研究者
J-GLOBAL ID:201601011692584495   更新日: 2022年01月25日

チョ シンキ

Chu Chenhui
所属機関・部署:
ホームページURL (2件): https://nlp.ist.i.kyoto-u.ac.jp/https://nlp.ist.i.kyoto-u.ac.jp/EN/
研究分野 (1件): 知能情報学
研究キーワード (3件): 自然言語処理 ,  機械翻訳 ,  視覚と言語情報の統合処理
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 オーストラリアの世論形成の歴史的解明:自然言語処理による公開集会データの分析
  • 2019 - 2022 マルチモーダルデータからの対訳資源の抽出によるニューラル機械翻訳
  • 2019 - 2021 視覚に基づく言い換えのセマンティック類型
  • 2019 - 2019 Neural Machine Translation with Image Region Pivoted Comparable Sentences
  • 2017 - 2019 画像をピボットとしたパラフレーズの抽出による自然言語と画像理解の高度化
全件表示
論文 (72件):
  • Zhuoyuan Mao, Chenhui Chu, Sadao Kurohashi. Linguistically Driven Multi-Task Pre-Training for Low-Resource Neural Machine Translation. ACM Transactions on Asian and Low-Resource Language Information Processing. 2022. 21. 4. 1-29
  • Yuting Zhao, Mamoru Komachi, Tomoyuki Kajiwara, Chenhui Chu. Region-attentive multimodal neural machine translation. Neurocomputing. 2022. 476. 1-13
  • Yuting Zhao, Mamoru Komachi, Tomoyuki Kajiwara, Chenhui Chu. Word-Region Alignment-Guided Multimodal Neural Machine Translation. IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing. 2022. 30. 244-259
  • Chenhui Chu, Vinicius Oliveira, Felix Giovanni Virgo, Mayu Otani, Noa Garcia, Yuta Nakashima. The semantic typology of visually grounded paraphrases. Computer Vision and Image Understanding. 2022. 215
  • Kak Soky, Sheng Li, Masato Mimura, Chenhui Chu, Tatsuya Kawahara. On the Use of Speaker Information for Automatic Speech Recognition in Speaker-imbalanced Corpora. In Proceedings of the 13th Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC). 2021. 433-437
もっと見る
MISC (60件):
  • Tianwei Chen, Noa Garcia, Mayu Otani, Chenhui Chu, Yuta Nakashima, Hajime Nagahara. Exploring Knowledge Transferability between Vision-and-Language Tasks. The 24th Meeting on Image Recognition and Understanding (MIRU 2021). 2021
  • Yusuke Hirota, Noa Garcia, Mayu Otani, Chenhui Chu, Yuta Nakashima, Ittetsu Taniguchi, Takao Onoye. A Picture May Be Worth a Hundred Words for Visual Question Answering. arXiv:2106.13445. 2021
  • Kak Soky, Sheng Li, Masato Mimura, Chenhui Chu, Tatsuya Kawahara. Comparison of End-to-End Models for Joint Speaker and Speech Recognition. 電子情報通信学会 音声研究会. 2021
  • Yongmin Kim, Chenhui Chu, 加藤 圭造, 黒橋 禎夫. ソーシャルメディアのための柔軟なビジュアルグラウンディング. 言語処理学会 第27回年次大会. 2021. 1513-1517
  • Weiqi Gu, Haiyue Song, Chenhui Chu, Sadao Kurohashi. Video-guided Machine Translation with Spatial Hierarchical Attention Network Encoder. 言語処理学会 第27回年次大会,. 2021. 627-631
もっと見る
書籍 (1件):
  • Using Comparable Corpora for Under-Resourced Areas of Machine Translation
    Springer 2018
講演・口頭発表等 (4件):
  • Multilingual Neural Machine Translation
    (Tutorial at the 28th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2020) 2020)
  • Domain Adaptation for Neural Machine Translation
    (Tutorial at the 15th China Conference on Machine Translation (CCMT 2019) 2019)
  • Visually Grounded Paraphrase Identification
    (Third International Workshop on Symbolic-Neural Learning (SNL 2019) 2019)
  • ニューラル機械翻訳における分野適応の最先端
    (日本通訳翻訳学会第19回年次会 2018)
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 京都大学 知能情報学専攻博士課程
  • 2010 - 2012 京都大学 知能情報学修士課程
  • 2004 - 2008 重慶大学 ソフトウェア工学科
学位 (1件):
  • 博士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2020/07 - 現在 京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻 特定准教授
  • 2017/04 - 2020/06 大阪大学 データビリティフロンティア機構 特任助教
  • 2015/04 - 2017/03 科学技術振興機構 研究員
  • 2014/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員DC2
委員歴 (3件):
  • 2019/09 - 現在 言語処理学会 論文誌編集委員
  • 2019/06 - 現在 情報処理学会 論文誌編集委員
  • 2018/04 - 2020/03 NLP若手の会(YANS)運営委員
受賞 (5件):
  • 2019/12 - 人文科学とコンピュータ研究会 じんもんこん2019ベストポスター賞
  • 2019 - MSRA Collaborative Research 2019 Grant Award
  • 2018/06 - アジア太平洋機械翻訳協会 長尾賞 日中・中日機械翻訳実用化プロジェクト
  • 2014/04 - 15th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing2014) 最優秀学生論文賞
  • 2013 - 公益財団法人 服部国際奨学財団 奨学金
所属学会 (6件):
人工知能学会 ,  Association for Computational Linguistics ,  言語処理学会 ,  日本メディカルAI学会 ,  情報処理学会 ,  Association for Computing Machinery
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る