研究者
J-GLOBAL ID:201601012157958927   更新日: 2020年09月30日

藤井 紘司

フジイ コウジ | Fujii Koji
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (3件): 文化人類学、民俗学 ,  社会学 ,  観光学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2025 自然の権利の理論と制度 : 自然と人間の権利の体系化をめざして
  • 2017 - 2021 ボルネオ中央部の生態系保全に向けた制度設計 : ローカルとグローバルを繋ぐ
  • 2017 - 2018 不知火海沿岸域における公害被害と地域再生をめぐる環境史研究
論文 (10件):
  • 藤井 紘司. 歴史文化保護区内の胡同の現状 : 中国北京市の都市計画と路地ツーリズムとのあわいに. 比較文化研究. 2019. 136. 95-104
  • 藤井 紘司. 種子どりとにぎりめし : シラを舞台とした季節儀礼の比較研究から. 沖縄文化研究. 2019. 46. 89-148
  • 藤井 紘司. ローカル・コモンズとしての浜辺 : 認可地縁団体による所有者不明土地の名義変更をめぐって. 環境社会学研究. 2018. 24. 181-196
  • 藤井 紘司. 観光まちづくりをめぐる地域の内発性と外部アクター : 竹富公民館の選択と大規模リゾート. 観光学評論. 2018. 6. 1. 3-17
  • 金子 祥之, 藤井 紘司, 芦田 裕介, 五十川 飛暁. 村落社会の空間荒廃と村落研究 : 無縁墓・空き家・耕作放棄にいかにアプローチするのか. 村落社会研究ジャーナル. 2016. 23. 1. 25-39
もっと見る
書籍 (1件):
  • 生活環境主義のコミュニティ分析 : 環境社会学のアプローチ
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:4623083640
講演・口頭発表等 (14件):
  • 離島DMO・観光協会の新型コロナウイルス感染症方策
    (JITR新型コロナ・特別プロジェクト方策チーム(民間作業部会) : 第2回ミーティング(オンライン) 2020)
  • 根づきことばで編む : 公害と物語りの近代
    (みちの会 : 第12回研究会(東方學會) 2019)
  • 国立公園の協働管理における住民参画の現状と課題 : ボルネオ島におけるインドネシアとマレーシアの国立公園を事例として
    (日本熱帯生態学会 : 第29回年次大会(北海道大学)B08 2019)
  • ボルネオ島中央部生態系保全へのSDG等国際枠組みの活用 : 参加原則に関するインドネシアおよびマレーシアの比較検討
    (林業経済学会 : 2018年秋季大会(筑波大学)B15 2018)
  • ローカル・コモンズとしての浜辺 : 認可地縁団体による所有者不明土地の名義変更をめぐって
    (コモンズ研究会(東京) : 2018年度関東研究会(東京大学) 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
経歴 (23件):
  • 2020/04 - 現在 千葉商科大学 人間社会学部 専任講師
  • 2020/09 - 2021/03 上智大学 法学部地球環境法学科 非常勤講師
  • 2019/09 - 2020/03 和洋女子大学 非常勤講師
  • 2014/04 - 2020/03 早稲田大学 人間総合研究センター 招聘研究員
  • 2019/04 - 2019/09 芝浦工業大学 デザイン工学部 非常勤講師
全件表示
所属学会 (3件):
日本観光研究学会 ,  日本環境会議 ,  環境社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る