研究者
J-GLOBAL ID:201601012514398862   更新日: 2020年10月02日

古田 雄一

フルタ ユウイチ | Furuta Yuichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (11件): 生徒の声 ,  民主主義教育 ,  学校風土 ,  生徒参加 ,  子ども・若者の声/参画 ,  市民性教育 ,  シティズンシップ教育 ,  主権者教育 ,  サービス・ラーニング ,  日米の現代教育改革 ,  学校改善
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 立憲主義的法教育「法理学アプローチ」の実用化に向けた単元・授業開発研究
  • 2020 - 2021 現代アメリカ貧困地域の市民性教育改革-教室・学校・地域の連関の創造
  • 2018 - 2021 生徒参加による主権者教育に関する日米仏独の比較研究
  • 2017 - 2020 アメリカにおける市民性教育の格差是正に向けた制度的・政策的支援の研究
論文 (15件):
  • 古田 雄一. アメリカにおける学校全体の市民性教育の評価と改善支援の試み-「イリノイ・デモクラシー・スクール」の事例から-. 学校経営研究 (大塚学校経営研究会). 2020. 45. 43-56
  • 古田 雄一. アメリカ大都市学区における市民性教育改革の展開方略-イリノイ州シカゴ学区の事例を手掛かりに-. 国際研究論叢 (大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要). 2020. 33. 3. 111-127
  • 古田 雄一. 米国イリノイ州シカゴ学区の市民性教育改革の方法と特質-格差是正に向けた学校全体での市民性教育実践の先駆的事例-. 国際研究論叢 (大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要). 2019. 33. 1. 69-84
  • 古田 雄一. 現代アメリカの貧困地域における市民性教育改革の研究-教室・学校・地域の連関構造の重要性に注目して-. 博士論文 (筑波大学大学院人間総合科学研究科). 2019
  • 古田 雄一. 被災地研修を通じた高校生への市民性教育の可能性-藤沢市「被災地でつながろう 考えよう サマープログラム」の事例から-. 国際研究論叢 (大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部紀要). 2018. 32. 1. 139-155
もっと見る
MISC (11件):
  • 古田 雄一. 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育 第6回 民主主義社会への参加を目指す-アメリカ・シカゴ5. 月刊高校教育. 2020. 53. 10. 76-77
  • 古田 雄一. 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育 第5回 民主主義社会への参加を目指す-アメリカ・シカゴ4. 月刊高校教育. 2020. 53. 9. 76-77
  • 古田 雄一. 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育 第4回 民主主義社会への参加を目指す-アメリカ・シカゴ3. 月刊高校教育. 2020. 53. 8. 76-77
  • 古田 雄一. 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育 第3回 民主主義社会への参加を目指す-アメリカ・シカゴ2. 月刊高校教育. 2020. 53. 7. 80-81
  • 古田 雄一. 世界の実践に学ぶ 生徒参加の主権者教育 第2回 民主主義社会への参加を目指す-アメリカ・シカゴ1. 月刊高校教育. 2020. 53. 6. 76-77
もっと見る
書籍 (6件):
  • 民主主義を創り出す: パブリック・アチーブメントの教育
    東海大学出版部 2020 ISBN:4486021827
  • 学校経営 (MINERVAはじめて学ぶ教職 9)
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:4623085031
  • 新版 教育課程論のフロンティア
    晃洋書房 2018 ISBN:4771030901
  • クリエイティブな教師になろう:これからの教師像と5つの視点
    学文社 2018 ISBN:4762027693
  • 「チーム学校」まるわかりガイドブック (教職研修総合特集)
    教育開発研究所 2016 ISBN:4865607005
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • アメリカの市民性教育の動向と事例から-イリノイ州シカゴ学区を手掛かりに-
    (日本学習社会学会第17回大会 (課題研究I「市民性教育の理論と実践に関する比較研究-日米英の動向について-」) 2020)
  • Education for Democracy and Citizenship in the United States: In a Time of Inequality and Social Division
    (日本教育学会第78回大会 (課題研究II Education and Citizenship: Empowering People for a Global Society) 2019)
  • アメリカ・イリノイ州における認証評価を通じた市民性教育の改善支援の試み-「イリノイ・デモクラシー・スクール」の事例分析-
    (日本教育経営学会第59回大会 2019)
  • アメリカにおける生徒参加を通じた主権者教育の近年の展開-イリノイ州・シカゴ学区の事例を中心に-
    (第19回「開かれた学校づくり」全国交流集会 (第一分科会「生徒参加による主権者教育の国際比較研究」) 2019)
  • アメリカにおける市民性教育の格差是正に向けた政策的支援の構造-イリノイ州・シカゴ学区の事例から-
    (日本教育行政学会第53回大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2019 筑波大学大学院 教育基礎学専攻
  • 2011 - 2013 東京大学大学院 学校教育高度化専攻学校開発政策コース 修士課程
  • 2009 - 2011 東京大学 総合教育科学科 教育行政学コース
  • 2007 - 2009 東京大学 文科三類
学位 (1件):
  • 博士(教育学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 大阪国際大学短期大学部 ライフデザイン総合学科 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 大阪国際大学短期大学部 ライフデザイン総合学科 専任講師
  • 2017/04 - 2018/03 奈良教育大学 非常勤講師
  • 2015/09 - 2016/03 国士館大学 体育学部 非常勤講師
  • 2013/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
委員歴 (4件):
  • 2019/12 - 現在 日本学習社会学会 国際交流委員会 委員
  • 2018/03 - 現在 日本シティズンシップ教育フォーラム 共同代表
  • 2013/03 - 現在 日本シティズンシップ教育フォーラム 運営委員
  • 2013/04 - 2015/03 藤沢市 青少年問題協議会 委員・専門部会委員
受賞 (2件):
  • 2019/03 - 筑波大学 茗渓会賞
  • 2018/01 - OIU・OIC FDポスターセッション2017 最優秀賞(発表題目:市役所と連携した短期大学部における地域参加学習の実践)
所属学会 (9件):
日本教育行政学会 ,  日本シティズンシップ教育フォーラム ,  日本学習社会学会 ,  全国社会科教育学会 ,  日本社会科教育学会 ,  日本公民教育学会 ,  日本教育経営学会 ,  日本教育学会 ,  アメリカ教育史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る