研究者
J-GLOBAL ID:201601012881235830   更新日: 2021年09月30日

深谷 篤史

フカヤ アツシ | Fukaya Atsushi
所属機関・部署:
職名: 臨床心理士
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ  家族コンサルタント・訪問サポーター・connect 臨床心理士
  • 医療法人社団コスモス会  紫藤クリニック   臨床心理士
ホームページURL (1件): https://www.kisaragi-counseling.com/
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (5件): 適正距離 ,  ケースマネジメント ,  アウトリーチ ,  ひきこもり ,  不登校
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2020 不登校・ひきこもり当事者にアウトリーチを行う者の内的プロセスおよび支援行動
  • 2017 - 2018 不登校・ひきこもり当事者へのアウトリーチによるトラウマケアの試み -EMDR、ブレインスポッティング、TFTを訪問カウンセリングで適用するための探索的活動-
  • 2017 - 2018 不登校・ひきこもりへのアウトリーチにおけるリスク回避および解消方法に関する研究 -有効的なケースマネジメントの検討-
  • 2016 - 2017 通信制高校生へのメタ認知トレーニング(MCT)
論文 (5件):
  • 深谷篤史, 橋本早紀. アウトリーチにおける不登校・ひきこもり本人との適正距離の維持プロセス. 日本精神神経科診療所協会誌ジャーナル. 2020. 46. 5. 28-35
  • 深谷篤史, 橋本早紀. 不登校・ひきこもりへのアウトリーチにおけるリスク回避および解消方法に関する研究 -有効的なケースマネジメントの検討-. 日本精神神経科診療所協会誌ジャーナル. 2018. 44. 5. 16-24
  • 笹川智子, 深谷篤史. Post-event processingがスピーチ後の自己評価と見積もりに与える影響の検討. 目白大学心理学研究. 2013. 9. 13-22
  • 深谷篤史. Post-event processingがスピーチ後の自己評価と見積もりに与える影響の検討. 目白大学大学大学院 心理学研究科. 2011
  • 深谷篤史. 母親の意思で来談したAD/HDの中学生との面談. 目白大学臨床心理相談研究. 2011. 8. 117-124
MISC (32件):
  • 深谷篤史. アウトリーチにおける不登校・ひきこもり本人との適正距離の維持プロセス. 日本心理臨床学会 第40回大会 発表論文集. 2021. 197
  • 深谷篤史. 不登校・ひきこもり支援におけるアウトリーチ. 令和2年度 構成機関における相談業務に関する研修 報告書 内閣府政策統括官(政策調整担当). 2021. 97-137
  • 深谷篤史, 橋本早紀. 不登校・ひきこもり当事者へのアウトリーチ中期・後期におけるマネジメントプロセス. 日本心理臨床学会 第39回大会 発表論文集. 2020. 381
  • 深谷篤史, 橋本早紀. アウトリーチにおける不登校・ひきこもり本人との適正距離の維持プロセス. 公益財団法人日本精神神経科診療所協会 2020年度定時総会 第26回(通算47回)学術研究会 プログラム・抄録集. 2020. 113
  • 深谷篤史. 生涯発達の視点からみたひきこもり支援 -日常の臨床実践に生かすために- 【青少年期】. 一般社団法人日本臨床心理士会 第5回 ひきこもり対策研修会 抄録集. 2019. 7-11
もっと見る
書籍 (2件):
  • 子育て支援と心理臨床 vol.16
    福村出版 2018 ISBN:4571245475
  • 臨床心理学 臨時増刊号 公認心理師
    金剛出版 2016 ISBN:4772415092
講演・口頭発表等 (40件):
  • ひきこもり支援におけるアウトリーチ
    (内閣府 令和3年度相談業務研修 2021)
  • BSPとEMDR~実践上の併用について
    (第2回 日本ブレインスポッティング研究大会 2021)
  • 不登校・ひきこもり支援におけるアウトリーチ -ケースマネジメントからアウトリーチのスキルまで-
    (NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 2021年度神奈川支部主催研修 2021)
  • ひきこもりの理解・支援方法・支援の体験を通じて
    (稲城市社会福祉協議会 ひきこもりサポーター養成講座 2021)
  • アウトリーチにおける不登校・ひきこもり本人との適正距離の維持プロセス
    (日本心理臨床学会 第40回大会 Web大会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2011 目白大学大学院 臨床心理学専攻 修士課程 修了
  • 2005 - 2009 立正大学 臨床心理学科
学位 (1件):
  • 心理学修士 (目白大学大学院)
経歴 (16件):
  • 2020/02 - 現在 如月心理相談室 臨床心理士
  • 2018/10 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ トラウマセラピー・ひきこもり相談専門オフィス connect 臨床心理士
  • 2014/04 - 現在 医療法人社団コスモス会 紫藤クリニック 臨床心理士
  • 2009/06 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 家族コンサルタント 兼 訪問サポーター
  • 2021/04 - 2022/03 NPO法人メンズプラットフォームKu 非常勤職員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2020/10 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 東京支部長
  • 2020/09 - 現在 東京EMDR開業者協会(Tokyo Association for Private Practitioners of EMDR:TAPPE) 会員
  • 2019/04 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 神奈川支部長
  • 2013/05 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 埼玉支部長
  • 2013/05 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 理事
全件表示
所属学会 (5件):
日本学校メンタルヘルス学会 ,  日本トラウマティック・ストレス学会 ,  日本EMDR学会 ,  日本認知・行動療法学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る