研究者
J-GLOBAL ID:201601012916317125   更新日: 2020年10月23日

三宅 芙沙

Miyake Fusa
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験
研究キーワード (2件): 太陽活動 ,  宇宙線生成核種
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 高解像度マルチアーカイブ分析による太陽地磁気変動史と宇宙線イベントの解明
  • 2018 - 2021 単年輪14C測定による較正曲線の地域効果・微細構造の解明
  • 2016 - 2020 過去5000年間の超巨大SPE頻度の解明
  • 2016 - 2019 7-10世紀の大規模SPE発生頻度分布の解明に向けた超高精度反復C14濃度測定
  • 2014 - 2016 宇宙線生成核種による過去数万年の宇宙線大変動探索計画
全件表示
論文 (37件):
  • Hirohisa Sakurai, Fuyuki Tokanai, Fusa Miyake, Kazuho Horiuchi, Kimiaki Masuda, Hiroko Miyahara, Motonari Ohyama, Minoru Sakamoto, Takumi Mitsutani, Toru Moriya. Prolonged production of 14C during the ~660 BCE solar proton event from Japanese tree rings. Scientific reports. 2020. 10. 1. 660-660
  • Wacker L, Baroni M, Mekhaldi F, Miyake F, Oinonen M. Measurements of Radionuclides. EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN. 2020
  • Miyake F, Ebihara Y, Hayakawa H, Maehara H, Mitsuma Y, Usoskin I, Wang F, Willis D. M. Further Search for Extreme Events. EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN. 2020
  • Usoskin I, Miyake F. Extreme Solar Particle Storms The hostile Sun Introduction. EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN. 2020
  • Cliver E, Ebihara Y, Hayakawa H, Jull T, Mekhaldi F, Miyake F, Muscheler R. Characterization of the Measured Events. EXTREME SOLAR PARTICLE STORMS: THE HOSTILE SUN. 2020
もっと見る
MISC (3件):
  • 鈴木颯一郎, 櫻井敬久, 門叶冬樹, 乾恵美子, 三宅芙沙, 増田公明, MITTHUMSIRI Warit, RUFFOLO David, MACATANGAY R. 低緯度における大気中宇宙線生成核種Be-7濃度の季節変動と地球規模での大気流跡線解析. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2019. 74. 1. ROMBUNNO.14aK407-10
  • 三宅芙沙, 森千尋, 増田公明, 中村俊夫, 木村勝彦, 門叶冬樹. 屋久杉年輪の14C濃度測定による12-14世紀の太陽活動の調査. 名古屋大学年代測定研究. 2018. 2. 113-114
  • 三宅芙沙, 増田公明, 箱崎真隆, 中村俊夫, 門叶冬樹, 加藤和浩, 木村勝彦, 光谷拓実. 樹木年輪に刻まれた突発的宇宙線イベント. 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書. 2014. 25. 137-143
書籍 (1件):
  • Extreme Solar Particle Storms: The hostile Sun
    Institute of Physics Publishing 2019
講演・口頭発表等 (23件):
  • Cosmogenic Evidences for Past SEP Events
    (36th International Cosmic Ray Conference, Madison 2019)
  • A search for past extreme solar events using 14C data in tree rings
    (Chapmann conference (Chapman on Scientific Challenges Pertaining to Space Weather Forecasting Including Extremes) 2019)
  • Rapid cosmic ray events shown in carbon-14 data of tree rings
    (PSTEP A04 International Workshop 2019)
  • 樹木年輪から探る過去の大規模SPE
    (SGEPSS 2018)
  • 樹木年輪の炭素14濃度に刻まれた過去の宇宙線増加現象
    (第79回応用物理学会 秋季学術講演会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2013 名古屋大学 素粒子宇宙物理学
  • - 2009 名古屋大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 宇宙線研究部 准教授
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 名古屋大学 高等研究院(宇宙地球環境研究所) 特任助教
  • 2015/01/20 - 2016/03/15 アリゾナ大学滞在研究員
  • 2014/01 - 2014/03 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2012/04 - 2013/12 日本学術振興会特別研究員(DC2)
受賞 (3件):
  • 2017/04 - 平成29年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2014 - 日本学術振興会 育志賞
  • 2013 - 名古屋大学学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本第四紀学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る