研究者
J-GLOBAL ID:201601013133685110   更新日: 2020年04月06日

泉 日出男

イズミ ヒデオ | Izumi Hideo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会法学
論文 (30件):
  • 泉日出男. 〔消費者法判例研究〕ブライダル司会養成講座において中途解約時の不返金特約が消費者契約法により否定された事例-平成30年3月23日東京地方裁判所判決(消費者法ニュース116号・340頁)-. 愛媛大学法文学部論集(社会科学編). 2020. 48. 29-44
  • 泉日出男. 〔消費者法判例研究〕連鎖(マルチ)取引類似の方法で勧誘が行われた投資被害の事案で直接の勧誘者ではない上位者に不法行為に基づく損害賠償責任が認められた事例-東京地判平成29年10月25日(消費者法ニュース114号252頁)-. 愛媛法学会雑誌. 2020. 46. 1・2合併. 101-115
  • 泉 日出男. 〔消費者法判例研究〕モデルチェンジの予定の有無に係る事実が消費者契約法4条4項1号に定める重要事項に該当するとされた事例-平成28年11月1日松山地方裁判所西条支部判決(消費者法ニュース110号・260頁)-. 愛媛法学会雑誌. 2019. 45. 1・2. 163-176
  • 泉 日出男. 輸入総代理店による並行輸入阻害〔星商事事件〕. 経済法判例・審決百選〔第2版〕. 2017. 168-169
  • 泉 日出男. 〔消費者法判例研究〕クロレラチラシ配布差止等請求控訴事件 : 平成28年2月25日大阪高裁第3民事部判決(金融・商事判例1490号・34頁). 愛媛法学会雑誌. 2017. 43. 3. 77-93
もっと見る
書籍 (8件):
  • アクチュアル企業法〔第2版〕
    法律文化社 2016
  • サイバー社会への法的アクセス: Q&Aで学ぶ理論と実際
    法律文化社 2016 ISBN:4589037696
  • カルテル規制とリニエンシー
    三協法規出版 2014
  • 景品・表示の法実務
    三協法規出版 2014
  • アクチュアル企業法
    法律文化社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • 〔判例研究〕「ブライダル司会養成講座において中途解約時の不返金特約が消費者契約法により否定された事例」平成30年3月23日東京地方裁判所判決(消費者法ニュース116号・340頁)
    (第695回九州大学産業法研究会(於西南学院大学) 2019)
  • ゼミ学生による消費者教育教材の作成
    (地域で防ごう!消費者被害in愛媛(於愛媛大学) 2019)
  • 〔判例研究〕連鎖(マルチ)取引類似の方法で勧誘が行われた投資被害の事案で直接の勧誘者ではない上位者に不法行為に基づく損害賠償責任が認められた事例
    (第261回金融取引法研究会報告(於西南学院大学) 2019)
  • 〔判例研究〕クロレラチラシ配布差止等請求事件
    (第684回九州大学産業法研究会報告(於西南学院大学) 2018)
  • 適格消費者団体の取組について
    (四国はひとつ・消費者市民社会創造フォーラムin愛媛(於愛媛大学) 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(法学)
所属学会 (5件):
日本政治法律学会(理事) ,  日本法政学会 ,  九州法学会 ,  日本私法学会 ,  日本経済法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る