研究者
J-GLOBAL ID:201601013524628145   更新日: 2020年08月31日

鈴木 雄大

スズキ カツヒロ | KATSUHIRO SUZUKI
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): BiS2系超伝導体 ,  超伝導 ,  鉄系超伝導体 ,  強相関電子系 ,  物性物理
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 軌道自由度がもたらす異方的超伝導ギャップの研究
  • 2013 - 2015 斥力起源超伝導における波数空間フラストレーションとギャップ構造・転移温度との相関
論文 (37件):
  • Kazuki Iida, Maiko Kofu, Katsuhiro Suzuki, Naoki Murai, Seiko Ohira-Kawamura, Ryoichi Kajimoto, Yasuhiro Inamura, Motoyuki Ishikado, Shunsuke Hasegawa, Takatsugu Masuda, et al. Horizontal Line Nodes in Sr2RuO4 Proved by Spin Resonance. JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. 2020. 89. 5
  • Haruki Okumura, Kazunori Sato, Katsuhiro Suzuki, Takao Kotani. Electronic Structure and Spin-wave Dispersion of Cu2MnAl, Ni2MnSn, and Pd2MnSn Based on Quasi-particle Self-consistent GW Calculations. JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. 2020. 89. 3
  • Katsuhiro Suzuki, Hidetomo Usui, Kazuhiko Kuroki, Takuya Nomoto, Kazumasa Hattori, Hiroaki Ikeda. Electronic Structure and Superconducting Gap Structure in BiS2-based Layered Superconductors. JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN. 2019. 88. 4
  • Kazushige Machida, Koki Irie, Katsuhiro Suzuki, Hiroaki Ikeda. Theoretical studies for identifying horizontal line nodes via angle-resolved density of states measurements ---Application to Sr$_2$RuO$_{4}$---. PHYSICAL REVIEW B. 2019. 99. 6
  • Taichi Terashima, Naoki Kikugawa, David Graf, Hishiro T. Hirose, Shinya Uji, Yoshitaka Matsushita, Hai Lin, Xiyu Zhu, Hai-Hu Wen, Takuya Nomoto, et al. Accurate determination of the Fermi surface of tetragonal FeS via quantum oscillation measurements and quasiparticle self-consistent \textit{GW} calculations. PHYSICAL REVIEW B. 2018. 99. 13
もっと見る
MISC (39件):
  • Hirofumi Sakakibara, Hidetomo Usui, Katsuhiro Suzuki, Takao Kotani, Hideo Aoki, Kazuhiko Kuroki. Model construction and a possibility of cuprate-like pairing in a new d9 nickelate superconductor (Nd,Sr)NiO2. 2019
  • 寺嶋 太一, 廣瀬 陽代, Graf David, Ma Yonghui, Mu Gang, Hu Tao, 鈴木 雄大, 宇治 進也, 池田 浩章. CaFeAsFのフェルミ面とベリー位相. 日本物理学会講演概要集. 2018. 73. 0. 805-805
  • 寺嶋 太一, 野本 拓也, 鈴木 雄大, 池田 浩章, 菊川 直樹, Graf David, 廣瀬 陽代, 宇治 進也, 松下 能孝, Lin Hai, et al. 量子振動測定とGW近似計算によるFeSのフェルミ面決定. 日本物理学会講演概要集. 2018. 73. 0. 1753-1753
  • 鈴木 雄大, 小倉 大志, 榊原 寛史, 小谷 岳生, 池田 浩章. QSGW法を用いた鉄系超伝導体の電子状態の解析. 日本物理学会講演概要集. 2018. 73. 0. 1447-1447
  • 村井 直樹, 鈴木 雄大, 中島 正道, 出田 真一郎, 田中 清尚, 池田 浩章, 梶本 亮一. 非弾性中性子散乱によるBa0.75K0.25Fe2As2のスピン揺らぎ:遍歴描像からのアプローチ. 日本物理学会講演概要集. 2018. 73. 0. 1385-1385
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 電気通信大学大学院 先進理工学専攻
  • 2009 - 2011 電気通信大学大学院 量子・物質工学専攻
  • 2005 - 2009 電気通信大学 量子・物質工学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (電気通信大学)
経歴 (5件):
  • 2019/10 - 現在 大阪大学 大学院工学研究科 特任助教
  • 2017/04 - 2019/09 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2015/04 - 2017/03 立命館大学 総合科学技術研究機構 専門研究員
  • 2014/04 - 2015/03 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2013/04/01 - 2014/03/30 日本学術振興会特別研究員(DC2)
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る