研究者
J-GLOBAL ID:201601013775912454   更新日: 2021年09月10日

たら澤 邦男

タラサワ クニオ | Tarasawa Kunio
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.med.tohoku.ac.jp/about/laboratory/085.html
研究分野 (1件): 医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (6件): 臨床疫学 ,  終末期医療 ,  在宅医療 ,  医療管理学 ,  診療情報管理 ,  医療政策
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 降下性縦隔炎の治療法構築と地域包括医療計画への提言:医療ビッグデータを用いた解析
  • 2019 - 在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析
  • 2019 - 人びとの健康志向に関わる不確実性社会の横断的・経時的影響の解明
  • 2018 - 精神障害者の就労支援におけるゴールドスタンダードの確立に関する実証研究
  • 2017 - 2018 病院勤務医を対象とした医師事務作業補助業務による労働負担軽減に関する研究
全件表示
論文 (25件):
  • Fujimori Kenji, Tarasawa Kunio, Fushimi Kiyohide. Effects of Polymyxin B Hemoperfusion in Patients with Sepsis Requiring Continuous Hemodiafiltration: Analysis of a Nationwide Administrative Database in Japan. Ther Apher Dial. 2021
  • Waku Hatta, Kunio Tarasawa, Kenji Fujimori, Kiyohide Fushimi, et al. Prevention of delayed bleeding with vonoprazan in upper gastrointestinal endoscopic treatment. Journal of Gastroenterology. 2021
  • Rintaro Moroi, Kunio Tarasawa, Kenji Fujimori, Kiyohide Fushimi, et al. The clinical practice of ulcerative colitis in elderly patients: an investigation using a nationwide database in Japan. Journal of Gastroenterology and Hepatology Open. 2021
  • Chikako Shirai, Satoru Tsuda, Kunio Tarasawa, Kiyohide Fushimi, Kenji Fujimori, Toru Nakazawa. Risk factors leading to trabeculectomy surgery of glaucoma patient using Japanese nationwide administrative claims data: a retrospective non-interventional cohort study. BMC Ophthalmol. 2021
  • Hiroshi Hidaka, Kunio Tarasawa, Kenji Fujimori, Kiyohide Fushimi et al. Identification of risk factors for mortality and delayed oral dietary intake in patients with open drainage due to deep neck infections: A nationwide study using a Japanese inpatient database. Head and Neck. 2021. 2021. 1-11
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (2件):
  • 臨床推論 チーム医療・チームケアのための実学
    朝倉書店 2016
  • メディカルフロントコンシェルジュ講座テキスト 医療保険制度
    ニチイ学館 2013
講演・口頭発表等 (19件):
  • DPCデータにおけるSOFAスコア の登録と臨床疫学的活用 ~ 不明登録の状況とDIC治療薬の有効性 ~
    (日本診療情報管理学会学術大会 2021)
  • 東日本大震災による被災意識と人生の最終段階における療養場所の希望との関連
    (日本医療・病院管理学会学術大会 2017)
  • 病院の死亡率に影響を与える要因の解明
    (日本診療情報管理学会学術大会 2017)
  • DPC公開データを活用した病院の機能分類への試み
    (日本医療マネジメント学会学術大会 2017)
  • エンドオブライフケア提供者のターミナルケア態度に関する対人援助研修の効果(その2)
    (日本医療マネジメント学会学術大会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2006 - 2011 東北大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2020/11 - 現在 東北大学大学院 医学系研究科・医学部 公共健康医学講座 医療管理学分野 講師
  • 2016/10 - 2020/10 東北大学大学院 医学系研究科・医学部 公共健康医学講座 医療管理学分野 助教
  • 2013/04 - 2016/09 国際医療福祉大学 医療福祉学部医療福祉・マネジメント学科(兼) 講師
  • 2012/04 - 2016/09 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科医療福祉経営専攻診療情報アナリスト養成分野 講師
  • - 2012/03 国家公務員共済組合連合会 東北公済病院 診療部 診療情報センター 室長
委員歴 (5件):
  • 2020/10 - 現在 日本診療情報管理士会 教育委員会 副委員長
  • 2018/07 - 現在 日本診療情報管理士会 教育委員会委員
  • 2016/04 - 現在 日本診療情報管理士会 評議員
  • 2015/09 - 現在 日本診療情報管理学会 評議員
  • 2008/04 - 現在 宮城県診療情報管理研究会 幹事
受賞 (3件):
  • 2020/08 - 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 優秀演題 DPCデータベースに基づく急性A型大動脈解離を発症した高齢患者の早期成績と退院時ADL
  • 2018/09 - 日本診療情報管理学会 論文奨励賞
  • 2015/09 - 日本診療情報管理学会 優秀論文賞
所属学会 (5件):
日本遠隔医療学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本診療情報管理学会 ,  日本医療・病院管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る