研究者
J-GLOBAL ID:201601014238708871   更新日: 2021年02月25日

冨口 静二

SEIJI TOMIGUCHI
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 放射線科学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2014 - 2017 負荷心筋スペクトにおける心筋摂取率の有用性に関する研究
  • 2014 - 2017 心臓専用半導体SPECT装置を用いた心筋血流量及び冠血管予備能の定量化と臨床応用
  • 2014 - 2016 心臓専用半導体SPECT装置を用いた心筋血流量及び冠血管予備能の定量化と臨床応用
  • 2014 - 2016 負荷心筋スペクトにおける心筋摂取率の有用性に関する研究
  • 2011 - 2013 アミロイド変性症(AD,FAP)の分子イメージング診断法の開発
全件表示
論文 (97件):
もっと見る
MISC (307件):
  • 小笠原 浩司, 白石 慎哉, 津田 紀子, 坂本 史, 冨口 静二, 山下 康行. FAP患者群の心アミロイドーシスにおける99mTc-PYP心集積と心不全リスク因子との関連性. 核医学. 2019. 56. Suppl. S150-S150
  • 坂本 史, 白石 慎哉, 北島 美香, 小笠原 浩司, 津田 紀子, 中川 雅貴, 上谷 浩之, 冨口 靜二, 山下 康行. 123I-FP-CIT SPECTとMRIを用いたPSP診断能評価. 核医学. 2019. 56. Suppl. S175-S175
  • 津田 紀子, 白石 慎哉, 坂本 史, 小笠原 浩司, 中川 雅貴, 冨口 靜二, 山下 康行. 腫瘍PET/CT検査における局所心臓集積の意義について. 核医学. 2019. 56. Suppl. S181-S181
  • 白石 慎哉, 坂下 史, 津田 紀子, 小笠原 浩司, 冨口 静二, 中川 雅貴, 山下 康行. 正常MPS(SSS<3)症例におけるCZT-SPECTを用いた心筋血流定量による冠動脈病変の検出能. 核医学. 2019. 56. Suppl. S136-S136
  • 小笠原 浩司, 白石 慎哉, 津田 紀子, 坂本 史, 冨口 静二, 山下 康行. FAP患者群の心アミロイドーシスにおける99mTc-PYP心集積と心不全リスク因子との関連性. 核医学. 2019. 56. Suppl. S150-S150
もっと見る
書籍 (4件):
  • 画像診断ガイドライン
    金原出版 2016
  • 医用画像ハンドブック
    オーム社 2010 ISBN:9784274209550
  • 核医学を変えるSPECT/CT
    ワイリーブラックウェル 2009 ISBN:4939028127
  • 胸部
    Blackwell Science Japan 1999 ISBN:4939028038
講演・口頭発表等 (34件):
  • 半導体SPECT装置を用いた201Tl/123I二核種同時収集におけるCrosstalkについての検討
    (第12回九州放射線医療技術学術大会 2017)
  • 半導体SPECT装置を用いた201Tl/123l二核種同時収集におけるTEW法を用いたCrosstalk補正の最適化
    (第12回九州放射線医療技術学術大会 2017)
  • 123 I 心臓専用半導体 SPECT装置における散乱補正 (DEW法、 TEW法)の有用性
    (第12回九州放射線医療技術学術大会 2017)
  • 123I心筋製剤SPECT撮像の定量評価における部分容積効果補正の有用性
    (第12回九州放射線医療技術学術大会 2017)
  • 123I-SPECT検査におけるQ.Metrixを用いた放射能濃度算出値への分解能補正および部分容積効果の影響に関する検討
    (第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (熊本大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る