研究者
J-GLOBAL ID:201601014252541181   更新日: 2022年03月03日

古賀 友紹

コガ トモアキ | TOMOAKI KOGA
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/bunya_top/medical_cell_biology/
研究分野 (3件): 薬系衛生、生物化学 ,  免疫学 ,  医化学
研究キーワード (15件): 炎症メモリー ,  エピジェネティクス ,  脂質メディエーター ,  BLT2 ,  上皮細胞 ,  T細胞 ,  マクロファージ ,  樹状細胞 ,  BLT1 ,  LTB4 ,  脂質免疫学 ,  Gタンパク質共役型受容体 ,  脂質 ,  免疫 ,  炎症
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2024 タイ肝吸虫感染による胆管細胞癌のエピゲノムと代謝表現型の解析
  • 2020 - 2023 炎症メモリーを制御するエピゲノムネットワークの解明
  • 2017 - 2020 免疫細胞におけるLTA4水解酵素の生化学的機能解析
  • 2016 - 2019 NSAIDsによる角膜上皮傷害はロイコトリエンB4第二受容体経路の阻害に起因する
  • 2015 - 2018 炎症・免疫・上皮バリアにおける生理活性脂質受容体の役割
全件表示
論文 (76件):
  • Tomoka Igata, Hiroshi Tanaka, Kan Etoh, Seonghyeon Hong, Naoki Tani, Tomoaki Koga, Mitsuyoshi Nakao. Loss of the transcription repressor ZHX3 induces senescence-associated gene expression and mitochondrial-nucleolar activation. PloS one. 2022. 17. 1. e0262488
  • Unchalee Thonsri, Sopit Wongkham, Chaisiri Wongkham, Shinjiro Hino, Mitsuyoshi Nakao, Sittiruk Roytrakul, Tomoaki Koga, Wunchana Seubwai. High glucose-ROS condition enhances progression in cholangiocarcinoma via upregulation of MAN2A2 and CHD8. Cancer science. 2020. 112. 1. 254-264
  • Tomoaki Koga, Fumiyuki Sasaki, Kazuko Saeki, Soken Tsuchiya, Toshiaki Okuno, Mai Ohba, Takako Ichiki, Satoshi Iwamoto, Hirotsugu Uzawa, Keiko Kitajima, et al. Expression of leukotriene B4 receptor 1 defines functionally distinct DCs that control allergic skin inflammation. Cellular & molecular immunology. 2020
  • Mitsuyoshi Nakao, Hiroshi Tanaka, Tomoaki Koga. Cellular Senescence Variation by Metabolic and Epigenomic Remodeling. Trends in cell biology. 2020
  • Hirotsugu Uzawa, Daisuke Kohno, Tomoaki Koga, Tsutomu Sasaki, Ayako Fukunaka, Toshiaki Okuno, Airi Jo-Watanabe, Saiko Kazuno, Takeshi Miyatsuka, Tadahiro Kitamura, et al. Leukotriene A4 hydrolase deficiency protects mice from diet-induced obesity by increasing energy expenditure through neuroendocrine axis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020. 34. 10. 13949-13958
もっと見る
MISC (50件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 臨床免疫・アレルギー科 第70巻 第3号
    科学評論社「臨床免疫・アレルギー科」 2018
  • Current Reviews & Protocols "Bioactive Lipid Mediators"
    Springer Japan 2015
  • 疾患モデルの作製と利用ー脂質代謝異常と関連疾患ー
    LIC出版 2015
講演・口頭発表等 (4件):
  • ロイコトリエンB4とその受容体BLT1による樹状細胞の機能制御
    (第43回日本分子生物学会フォーラム「脂質多様性を基軸とした炎症・免疫制御」 2020)
  • 単球系サブセットの脂質メディエーターとエピゲノムによる制御機構
    (第42回 日本分子生物学会 2019)
  • 生理活性脂質ロイコトリエンB4受容体BLT1による生体防御応答
    (第7回 オルソオルガノジェネシス検討会 2017)
  • 新規樹状細胞マーカー分子としてのロイコトリエンB4受容体
    (第35回 日本炎症・再生医学会 2014)
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (熊本大学)
所属学会 (6件):
日本脂質免疫学研究会 ,  日本免疫学会 ,  日本脂質生化学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る