研究者
J-GLOBAL ID:201601014631579544   更新日: 2021年04月20日

瀬戸 絵理

セト エリ | Seto Eri
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (9件):
  • Onizuka, Yoko, Takahashi, Chiyuki, Uematsu, Ami, Shinjo, Shoko, Seto, Eli, Nakajima-Shimada, Junko. Inhibition of autolysosome formation in host autophagy by Trypanosoma cruzi infection. ACTA TROPICA. 2017
  • Seto, Eri, Onizuka, Yoko, Nakajima-Shimada, Junko. Host cytoplasmic processing bodies assembled by Trypanosoma cruzi during infection exert anti-parasitic activity. PARASITOLOGY INTERNATIONAL. 2015
  • Seto, Eri, Yoshida-Sugitani, Reiko, Kobayashi, Toshihiko, Toyama-Sorimachi, Noriko. The Assembly of EDC4 and Dcp1a into Processing Bodies Is Critical for the Translational Regulation of IL-6. PLOS ONE. 2015
  • Seto, Eri, Inoue, Teruki, Nakatani, Yoko, Yamada, Masanobu, Isomura, Hiroki. Processing bodies accumulate in human cytomegalovirus-infected cells and do not affect viral replication at high multiplicity of infection. VIROLOGY. 2014
  • Vereide D.T., Seto E., Chiu Y.F., Hayes M., Tagawa T., Grundhoff A., Hammerschmidt W., and Sugden B. Epstein-Barr virus maintains lymphomas via its miRNAs. ONCOGENE. 2014
もっと見る
MISC (2件):
  • 瀬戸絵理,高田賢蔵. EBウイルスと胃癌. 臨床消化器内科. 2009. 24. 4. 464-470
  • 瀬戸絵理,高田賢蔵. 胃癌におけるEBウイルスの役割. 医学のあゆみ,. 2008. 224. 9. 655-659
書籍 (1件):
  • EBウイルス 改訂第3版
    診断と治療社 2015
講演・口頭発表等 (39件):
  • バイオイメージングによるT. cruzi感染マウスの炎症の検出
    (第79回日本寄生虫学会東日本支部大会 2019)
  • バイオイメージングによる慢性期Chagas病の炎症動態解析
    (第66回北関東医学会総会 2019)
  • Trypanosoma cruzi感染はオートファジーアダプターp62のリン酸化を抑制する
    (第87回日本寄生虫学会大会 2018)
  • クルーズトリパノソーマ感染細胞における宿主オートファジー関連分子syntaxin17の解析
    (第87回日本寄生虫学会大会 2018)
  • アメリカトリパノソーマ感染細胞におけるオートリソソーム形成抑制メカニズムの解析
    (第86回日本寄生虫学会大会 2017)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 群馬大学
  • 群馬大学 大学院医学系研究科
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る