研究者
J-GLOBAL ID:201601014650315612   更新日: 2020年08月31日

佐藤 有紀

Sato Yuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 発生生物学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2022 分化転換装置としての液胞バイモーダル機能の解明
  • 2019 - 2022 内皮-造血転換における血流メカニカルストレス作用機構の解明
  • 2018 - 2021 Egg-in-Cubeプラットホーム:3次元血管誘導と力学刺激応答試験への応用
  • 2018 - 2019 水チャネルAquaporinによる内皮ー造血転換制御機構の解明
  • 2018 - 2019 羊膜シート伸展メカニズムの解明
全件表示
論文 (23件):
  • Alvin R. Acebedo, Kentaro Suzuki, Shinjiro Hino, Mellissa C. Alcantara, Yuki Sato, Hisashi Haga, Ken-ichi Matsumoto, Mitsuyoshi Nakao, Kenji Shimamura, Toru Takeo, et al. Mesenchymal actomyosin contractility is required for androgen-driven urethral masculinization in mice. Communications Biology. 2019. 2. 95
  • Liqing Liu, Kentaro Suzuki, Eunice Chun, Aki Murashima, Yuki Sato, Naomi Nakagata, Toshihiko Fujimori, Shigenobu Yonemura, Wanzhong He, Gen Yamada. Androgen Regulates Dimorphic F-Actin Assemblies in the Genital Organogenesis. SEXUAL DEVELOPMENT. 2017. 11. 4. 190-202
  • Yuki Sato, Kei Nagatoshi, Ayumi Hamano, Yuko Imamura, David Huss, Seiichi Uchida, Rusty Lansford. Basal filopodia and vascular mechanical stress organize fibronectin into pillars bridging the mesoderm-endoderm gap. DEVELOPMENT. 2017. 144. 2. 281-291
  • Shoichiro Kanda, Shunsuke Tanigawa, Tomoko Ohmori, Atsuhiro Taguchi, Kuniko Kudo, Yutaka Suzuki, Yuki Sato, Shinjiro Hino, Maike Sander, Alan O. Perantoni, et al. Sall1 Maintains Nephron Progenitors and Nascent Nephrons by Acting as Both an Activator and a Repressor. JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY. 2014. 25. 11. 2584-2595
  • Yuki Sato, Rusty Lansford. Transgenesis and imaging in birds, and available transgenic reporter lines. Development Growth and Differentiation. 2013. 55. 4. 406-421
もっと見る
MISC (19件):
  • 高橋 淑子, 大畑 絵美, 佐藤 有紀, 高橋 輝明, 齋藤 大介. 生命科学における血管新生研究のインパクト 背側大動脈の形成を支える細胞移動とNotch-Ephrinシグナル. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2009. 82回. 2S13p-1
  • 高橋 淑子, 佐藤 有紀, 渡辺 忠由, 大畑 絵美, 齋藤 大介. Cell behavior in organogenesis 血管形成と末梢神経形成における細胞移動(Cell behavior in organogenesis Cell migration during formation of blood vessels and peripheral nervous system). 日本細胞生物学会大会講演要旨集. 2009. 61回. 107-107
  • Yuki Sato, David Huss, Greg Poynter, Scott E. Fraser, Rusty Lansford. Dynamic Analysis of Blood Vessel Formation in Transgenic Quail Embryos. FASEB JOURNAL. 2009. 23
  • 渡邉 忠由, 佐藤 有紀, 斎藤 大介, 田所 竜介, 高橋 淑子. 脊椎動物の体節形成においてEphrin B2は分節境界と間充織-上皮転換を誘導する. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2008. 81回・31回. 1T26-5
  • Tadayoshi Watanabe, Yuki Sato, Yoshiko Takahashi. Ephrin B2 coordinates the formation of a morphological boundary and cell epithelialization during somite segmentation. DEVELOPMENTAL BIOLOGY. 2008. 319. 2. 511-511
もっと見る
書籍 (9件):
  • ニホンウズラを日本へ逆輸入?陸生脊椎動物の生体イメージングモデル, ウズラ
    実験医学、羊土社 2018
  • 血管パターニングにおける血流の役割
    生体の科学、医学書院 2014
  • トランスジェニックウズラ胚を用いた血管のタイムラプス観察
    顕微鏡、日本顕微鏡学会 2012
  • 長い旅をしてできる血管内皮細胞
    季刊生命誌、JT生命誌研究館 2011
  • Applications of Tol2 transposon-mediated gene transfer for stable integration and conditional expression of electroporated genes in chicken embryos
    Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology, Springer 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • 実験発生生物学におけるニワトリ・ウズラ胚の魅力
    (日本家禽学会 2019年度秋季大会 若手幹事企画 国際ミニシンポジウム 2019)
  • 脈動による空間伸縮が形態形成に果たす役割
    (奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科セミナー 2017)
  • 脈動による空間伸縮が形態形成に果たす役割
    (Conbio 2017 2017)
  • 血流による血管内皮細胞挙動の制御
    (第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017)
  • Vascular mechanical stress organizes Fibronectin into pillars bridging tissue gap
    (第54回日本生物物理学会年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2003 奈良先端科学技術大学院大学
  • 1994 - 1998 北里大学 生物科学科
学位 (1件):
  • バイオサイエンス博士 (奈良先端科学技術大学院大学)
経歴 (10件):
  • 2017/05 - 現在 九州大学 大学院医学研究院 准教授
  • 2014/04 - 2017/04 九州大学 大学院医学研究院 講師
  • 2013/10 - 2017/03 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけ 研究員(兼任)
  • 2014/04 - 2015/03 熊本大学 大学院先導機構 客員准教授(併任)
  • 2009/09 - 2014/03 熊本大学 大学院先導機構 特任助教
全件表示
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る