研究者
J-GLOBAL ID:201601014682493520   更新日: 2020年07月05日

森 昭憲

モリ アキノリ | Mori Akinori
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
ホームページURL (2件): http://www.naro.affrc.go.jp/nilgs-neo/introduction/chart/0904/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/nilgs/index.html
研究分野 (2件): 環境農学 ,  植物栄養学、土壌学
研究キーワード (3件): 温室効果ガス ,  土壌 ,  草地
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2021 畜産分野における気候変動緩和技術の開発
  • 2015 - 2019 温暖化の進行に適応する生産安定技術の開発
  • 2012 - 2014 草地の脱窒酵素活性に及ぼす有機物管理の影響解析
  • 2010 - 2014 農業分野における温暖化緩和技術の開発
論文 (18件):
MISC (15件):
  • 江口 定夫, 柴田 英昭, 種田 あずさ, 新藤 純子, 松本 成夫, 森 昭憲, 中島 泰弘, 朝田 景, 志村 もと子, 林 健太郎, 中辻 敏朗. 食料生産~消費過程における窒素利用効率と環境への窒素負荷-消費者影響の重要性と活用方向-. 日本土壌肥料学雑誌. 2018. 89. 3. 249-259
  • 森 昭憲, 宮田 明. 日本の採草地の温室効果ガス収支-物質循環に立脚した草地管理の重要性-. 日本草地学会誌. 2016. 62. 1. 29-32
  • 森 昭憲, 吉原 佑. 草地生態系の多面的機能と環境保全. 日本草地学会誌. 2016. 62. 1. 23-24
  • 森 昭憲, 寳示戸 雅之, 清水 真理子, 松浦 庄司, 宮田 明, 波多野 隆介. 8-2-16 草地における堆肥連用と適切な減肥の組合せが一酸化二窒素の発生量に及ぼす影響(8-2 地球環境,2013年度名古屋大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2013. 59
  • 清水 真理子, 波多野 隆介, 有田 敬俊, 甲田 裕幸, 森 昭憲, 松浦 庄司, 寳示戸 雅之, 菅野 勉, 渋谷 岳, 新美 光弘, 川村 修, 宮田 明. P23-12 日本の草地・デントコーン畑からの亜酸化窒素放出(23.地球環境,2012年度鳥取大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2012. 58
もっと見る
書籍 (11件):
  • 新版マニュア・マネージメント
    デーリィマン社 2019
  • 畜産分野における地球温暖化緩和技術レビュー報告書
    畜産環境整備機構 2018
  • 最新農業技術 土壌施肥 vol.9 特集 有機栽培の新研究
    農山漁村文化協会 2017
  • 国際土壌年2015と農学研究ー社会と命と環境をつなぐー
    養賢堂 2016
  • 2013 Revised Supplementary Methods and Good Practice Guidance Arising from the Kyoto Protocol
    Intergovernmental Panel on Climate Change 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • LRG各研究グループからの発表(草地)
    (第2回畜産分野での温室効果ガス排出削減に向けた研究ネットワーク会合 2018)
  • 畜産における窒素利用効率ー濃厚飼料および粗飼料主体の飼育システムの比較ー
    (日本土壌肥料学会2017年度仙台大会シンポジウム 2017)
  • 那須の牧草地で温室効果ガスを考える
    (日本土壌肥料学会関東支部栃木大会 2016)
  • 畜産と土壌を結ぶ物質循環の重要性
    (日本農学会シンポジウム-国際土壌年2015と農学研究-社会と命と環境をつなぐ- 2015)
  • 採草地における亜酸化窒素放出の緩和
    (日本草地学会信州大会シンポジウム 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1989 - 1993 北海道大学 農学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士 (農学) (北海道大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
  • 2001/04 - 2016/03 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所
  • 2003/03 - 2004/08 英国草地環境研究所
  • 2000/04 - 2001/03 農林水産省草地試験場
  • 1993/10 - 2000/03 農林水産省四国農業試験場
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019/10 - 現在 Soil Science and Plant Nutrition 編集委員
  • 2015/10 - 現在 日本土壌肥料学会 副部門長 (第8部門)
  • 2014/04 - 現在 日本土壌肥料学会 関東支部幹事
  • 2011/12 - 現在 温室効果ガス排出量算定方法検討会森林等の吸収源分科会 委員
  • 2012/04 - 2014/03 日本草地学会誌 編集幹事
全件表示
所属学会 (3件):
土壌物理学会 ,  日本草地学会 ,  日本土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る