研究者
J-GLOBAL ID:201601014828632498   更新日: 2024年04月10日

河村 大輔

コウムラ ダイスケ | Daisuke Komura
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 人体病理学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  知能情報学 ,  システムゲノム科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2025 深層テクスチャを用いたがん病理組織像の大規模解析基盤の構築と検証
  • 2018 - 2021 胸腔系浸潤肺癌PDXのCASTIN解析によるがん幹細胞いかり分子機構の解明
  • 2017 - 2020 1細胞がんー間質相互作用解析による抗癌剤耐性克服ターゲットの探索
  • 2016 - 2019 LIM蛋白ZNF185-上皮間葉転換機構のヒト膵癌肝転移マウスモデルを用いた解析
  • 2016 - 2018 Deep Learningを用いたデジタル病理画像からの遺伝子変異推定
論文 (74件):
  • Seiei Torazawa, Satoru Miyawaki, Hideaki Imai, Hiroki Hongo, Hideaki Ono, Shotaro Ogawa, Yu Sakai, Satoshi Kiyofuji, Satoshi Koizumi, Daisuke Komura, et al. Association of Genetic Variants with Postoperative Donor Artery Development in Moyamoya Disease: RNF213 and Other Moyamoya Angiopathy-Related Gene Analysis. Translational stroke research. 2024
  • Mieko Ochi, Daisuke Komura, Takumi Onoyama, Koki Shinbo, Haruya Endo, Hiroto Odaka, Miwako Kakiuchi, Hiroto Katoh, Tetsuo Ushiku, Shumpei Ishikawa. Registered multi-device/staining histology image dataset for domain-agnostic machine learning models. Scientific data. 2024. 11. 1. 330-330
  • Chichun Yang, Daisuke Komura, Miwako Kakiuchi, Mieko Ochi, Hiroto Katoh, Tetsuo Ushiku, Shumpei Ishikawa. SegRep: Mask-Based Self-Supervised Learning for Segment Representation in Pathology Images. TechRxiv. 2024
  • Ayumu Tsubosaka, Daisuke Komura, Miwako Kakiuchi, Hiroto Katoh, Takumi Onoyama, Asami Yamamoto, Hiroyuki Abe, Yasuyuki Seto, Tetsuo Ushiku, Shumpei Ishikawa. Stomach encyclopedia: Combined single-cell and spatial transcriptomics reveal cell diversity and homeostatic regulation of human stomach. Cell reports. 2023. 42. 10. 113236-113236
  • Yu Teranishi, Satoru Miyawaki, Masahiro Nakatochi, Atsushi Okano, Kenta Ohara, Hiroki Hongo, Daiichiro Ishigami, Yu Sakai, Daisuke Shimada, Shunsaku Takayanagi, et al. Meningiomas in patients with neurofibromatosis type 2 predominantly comprise 'immunogenic subtype' tumours characterised by macrophage infiltration. Acta neuropathologica communications. 2023. 11. 1. 156-156
もっと見る
MISC (33件):
  • Daisuke Komura, Shumpei Ishikawa. Meet the authors: Daisuke Komura and Shumpei Ishikawa. Patterns (New York, N.Y.). 2023. 4. 7. 100794-100794
  • 河村大輔, 石川俊平. 腫瘍微小環境の空間トランスクリプトーム解析. 遺伝子医学. 2023. 13. 3. 78-83
  • 越智 三枝子, 河村 大輔, 斧山 巧, 新保 幸輝, 遠藤 春哉, 牛久 哲男, 石川 俊平. 多種撮像媒体および染色条件による多様なH&E染色病理画像データセットの構築とその活用. 日本病理学会会誌. 2023. 112. 1. 339-339
  • 河村 大輔, 斧山 巧, 越智 三枝子, 加藤 洋人, 牛久 哲男, 石川 俊平. 同一標本に対するH&E染色と免疫染色を利用した細胞セグメンテーションのためのがん病理組織像データセットの開発(SegPath: cancer histopathology dataset for cell segmentation using H&E staining and immunostaining on the same specimen). 日本病理学会会誌. 2022. 111. 2. 121-121
  • 河村 大輔, 斧山 巧, 新保 幸輝, 小高 滉人, 遠藤 春哉, 越智 三枝子, 加藤 洋人, 牛久 哲男, 石川 俊平. ディープラーニングを用いた細胞セグメンテーションのためのがん病理組織画像データセット(Largest-scale pan-cancer histological image dataset for semantic cell segmentation using deep learning). 日本癌学会総会記事. 2022. 81回. P-1310
もっと見る
特許 (7件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 医療とAI最前線 先進医療NAVIGATOR
    日本医学出版 2022 ISBN:4865770496
  • 動き始めたがんゲノム医療 : 深化と普及のための基礎研究課題
    羊土社 2018 ISBN:9784758103732
  • がんゲノム病理学
    文光堂 2012
講演・口頭発表等 (90件):
  • ランチョンセミナー AI 病理診断に向けた病理標本の標準化について
    (第111回日本病理学会総会 2022)
  • 深層学習を用いた腫瘍組織の網羅的細胞セグメンテーション
    (第111回日本病理学会総会 2022)
  • 腫瘍微小環境より発生した高密度硫酸化グリコサミノグリカンと核酸の双方に反応する免疫グロブリンクローン
    (第80回 日本癌学会学術総会 2021)
  • びまん型胃癌モデルマウスの包括的ゲノム解析
    (第80回 日本癌学会学術総会 2021)
  • びまん性胃癌マウスモデルのscRNA-Seqを用いた、腫瘍内の細胞間相互作用を標的とした治療法の探索と検証
    (第80回 日本癌学会学術総会 2021)
もっと見る
Works (4件):
  • deeptexture : Tools for deep texture representation for histology images
    2023 - 現在
  • Viola: flexible and powerful python package designed specifically for analysis of genomic structural variant (SV) signatures
    2022 - 現在
  • Luigi : Large-scale histopathological image retrieval system
    2018 - 現在
  • GEMCA: Genotyping Microarray based CNV Analysis
    2006 -
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
委員歴 (2件):
  • 2023/09 - 現在 BMC Cancer 編集委員
  • 2023/06 - 現在 日本病理学会 病理AIガイドライン策定ワーキンググループ 委員
受賞 (1件):
  • 2007/03 - 東京大学 工学系研究科長賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る