研究者
J-GLOBAL ID:201601015106695785   更新日: 2021年04月19日

鬼木 健太郎

オニキ ケンタロウ | kentaro oniki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00613407.ja.html
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (7件): 国際情報交流 ,  副作用 ,  予防医学 ,  個別化医療 ,  生活習慣病 ,  性差医療 ,  臨床薬理遺伝学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2023 うつ病と統合失調症の多様な治療反応性に適合する革新的な薬物投与量設定法の開発
  • 2019 - 2022 血糖・血圧・脂質の蓄積・変動効果を基にした糖尿病合併症発症予測モデルの構築と応用
  • 2020 - 喫煙習慣による脂肪酸組成の差異と各種生活習慣病との関連に関する臨床的検討
  • 2019 - 2020 高齢者の食の嗜好性・運動・睡眠習慣が身体の脂肪酸組成及び関連遺伝子に及ぼす影響の解明
  • 2017 - 2019 DsbA-L遺伝子を標的とした新たな糖尿病予防・治療システムの構築
全件表示
論文 (83件):
  • Takanori Ito, Masatoshi Ishigami, Biyao Zou, Taku Tanaka, Hirokazu Takahashi, Masayuki Kurosaki, Mayumi Maeda, Khin Naing Thin, Kenichi Tanaka, Yuka Takahashi, et al. The epidemiology of NAFLD and lean NAFLD in Japan: a meta-analysis with individual and forecasting analysis, 1995-2040. Hepatology international. 2021
  • Daniel Q Huang, Yee Hui Yeo, Eunice Tan, Hirokazu Takahashi, Satoshi Yasuda, Junji Saruwatari, Kenichi Tanaka, Kentaro Oniki, Leslie Y Kam, Mark D Muthiah, et al. ALT Levels for Asians With Metabolic Diseases: A Meta-analysis of 86 Studies With Individual Patient Data Validation. Hepatology communications. 2020. 4. 11. 1624-1636
  • Teruhisa Miike, Makiko Toyoura, Shiro Tonooka, Yukuo Konishi, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Seiki Tajima, Jun Kinoshita, Akio Nakai, Kiyoshi Kikuchi. Neonatal irritable sleep-wake rhythm as a predictor of autism spectrum disorders. Neurobiology of Sleep and Circadian Rhythms. 2020. 9. 100053-100053
  • Tomoaki Inazumi, Kiyotaka Yamada, Naritoshi Shirata, Hiroyasu Sato, Yoshitaka Taketomi, Kazunori Morita, Hirofumi Hohjoh, Soken Tsuchiya, Kentaro Oniki, Takehisa Watanabe, et al. Prostaglandin E2-EP4 Axis Promotes Lipolysis and Fibrosis in Adipose Tissue Leading to Ectopic Fat Deposition and Insulin Resistance. Cell reports. 2020. 33. 2. 108265-108265
  • Keiji Takata, Kentaro Oniki, Yuki Tateyama, Hiroki Yasuda, Miu Yokota, Sae Yamauchi, Norio Sugawara, Norio Yasui-Furukori, Junji Saruwatari. The associations of the number of medications and the use of anticholinergics with recovery from tubal feeding: a longitudinal hospital-based study. BMC geriatrics. 2020. 20. 1. 373-373
もっと見る
MISC (5件):
特許 (1件):
  • 新規アディポネクチン活性化剤
講演・口頭発表等 (147件):
  • Modeling&simulation解析を用いたメタボリックメモリーの定量的評価
    (日本薬学会 第141年会 2021)
  • 抗精神病薬誘発性メタボリックシンドロームにおける用量依存性の検討
    (第30回日本臨床精神神経薬理学会学術集会 2021)
  • HbA1c値の個体内変動の定量化とその臨床的意義の検討
    (第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020)
  • KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)とDPP-4阻害薬の血糖降下作用に関する検討
    (第60回日本臨床化学会年次学術集会 2020)
  • コレステロール引き抜き能の一般住民における臨床的意義に関する検討
    (日本薬学会第140年会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2008 熊本大学大学院 医療薬学専攻
  • 2002 - 2006 熊本大学 薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (熊本大学)
経歴 (2件):
  • 2020/08 - 現在 熊本大学 大学院生命科学研究部 准教授
  • 2011/04 - 2020/07 熊本大学 大学院生命科学研究部 助教
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 熊本大学 教育活動表彰 臨床薬学における学習成果 基盤型統合教育システムの 構築
  • 2018/11 - 日本臨床精神神経薬理学会 学会奨励賞
所属学会 (7件):
日本臨床化学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本循環器学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬学会 ,  日本臨床精神神経薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る