研究者
J-GLOBAL ID:201601015661666901   更新日: 2019年11月28日

瀬戸 弘一

セト ヒロカズ | SETO Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 化工物性・移動操作・単位操作
研究キーワード (4件): 高分子 ,  糖鎖工学 ,  触媒 ,  生体分離工学
論文 (42件):
  • Yoshiko Miura, Hirokazu Seto, Makoto Shibuya, Yu Hoshino. Biopolymer monolith for protein purification. Faraday Discuss. 2019
  • Hiroyuki Shinto, Tomonori Fukasawa, Kosuke Yoshisue, Nanami Tsukamoto, Saki Aso, Yumiko Hirohashi, and Hirokazu Seto. Effect of interfacial serum proteins on the cell membrane disruption induced by amorphous silica nanoparticles in erythrocytes, lymphocytes, malignant melanocytes, and macrophages. Colloids and Surfaces B: Biointerfaces. 2019. 181. 9. 270-277
  • Hirokazu Seto, Atsushi Saiki, Seiji Kamba, Takashi Kondo, Makoto Hasegawa, Yoshiko Miura, Yumiko Hirohashi, Hiroyuki Shinto. Amplification of sensor signals from metal mesh device with fine periodic structure. Analytical Science. 2019. 35. 6. 619-623
  • Seiji Kamba, Hirokazu Seto, Takashi Kondo, Yoshiko Miura. Regulating detectable optical domain in sensing technology using metal mesh devices and detection of submicron-size particles. Analytical Science. 2018. 34. 5. 547-552
  • Hikaru Matsumoto, Takanori Akiyoshi, Yu Hoshino, Hirokazu Seto, Yoshiko Miura. Size-tuned hydrogel network of palladium-confining polymer particles: a highly active and durable catalyst for Suzuki coupling reactions in water at ambient temperature. Polymer Journal. 2018
もっと見る
書籍 (4件):
  • Polysaccharides: Development, Properties and Applications
    Nova Science Publishers 2010
  • An Integrated View of the Molecular Recognition and Toxinology - From Analytical Procedures to Biomedical Applications
    InTech 2013
  • Glycopolymer Code: Synthesis of Glycopolymers and their Applications
    Royal Society of Chemistry 2015
  • Coupling and Decoupling of Diverse Molecular Units in Glycosciences
    Springer International Publishing 2018
講演・口頭発表等 (76件):
  • デキストランスクラーゼの反応を利用した多孔性分離膜の孔径の制御.
    (第43回化学関連支部合同九州大会 2006)
  • 酵素反応で生成したデキストランを利用した生体分離材料の作製.
    (第17回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 2006)
  • Pore control with dextran produced from immobilized dextransucrase.
    (The 19th International Symposium on Chemical Engineering 2006)
  • 酵素反応を利用した新規デキストラン誘導体材料の作製。
    (第44回化学関連支部合同九州大会 2007)
  • 酵素反応を利用した新規デキストラン誘導体の重合.
    (第18回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 2007)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 佐賀大学 理工学部 機能物質化学科
  • 2006 - 2008 佐賀大学 工学系研究科 機能物質化学専攻
  • 2008 - 2011 佐賀大学 工学系研究科 エネルギー物質科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (佐賀大学)
経歴 (2件):
  • 2011/04/01 - 2013/03/31 九州大学 学術研究員
  • 2013/04/01 - 2016/03/31 九州大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
受賞 (2件):
  • 2019/05 - 高分子学会 2018年度高分子研究奨励賞 耐久性およびリサイクル可能性をもつパラジウム担持高分子ゲル触媒の開発
  • 2017/03 - 化学工学会 平成28年度化学工学会 研究奨励賞(内藤雅喜記念賞) 生体分子認識を利用したバイオセパレーションおよびバイオセンシングマテリアルの開発
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る