研究者
J-GLOBAL ID:201601015765050368   更新日: 2024年06月04日

黒田 恭平

クロダ キョウヘイ | Kuroda Kyohei
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (2件): https://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-metr/index.htmlhttps://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-metr/index_e.html
研究分野 (5件): 土木環境システム ,  応用微生物学 ,  生態学、環境学 ,  作物生産科学 ,  循環型社会システム
研究キーワード (17件): 生物学的廃水処理 ,  産業廃水処理 ,  超微小微生物 ,  アーキア ,  プラスチック分解 ,  嫌気培養 ,  嫌気性微生物 ,  メタゲノム解析 ,  マイクロバイオーム解析 ,  バイオテクノロジー ,  植物寄生性線虫 ,  土壌微生物学 ,  下水汚泥 ,  病害防除 ,  レンコン ,  アクティブ・ラーニング ,  PBL
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2023 - 2027 極小未知細菌群の実態を解明する -活性汚泥から切り拓く微生物新世界-
  • 2021 - 2025 持続可能な小規模水道システム実現のための新しい水質センシング技術の開発
  • 2021 - 2025 廃水処理システムの新奇指標微生物「DPANNアーキア」の診断技術開発と実態解明
  • 2022 - 2024 シスト・ネコブ・ネモグリの寄生環を支える線虫共生コアマイクロバイオームの実態解明
  • 2020 - 2023 地域産業と連携した下水汚泥肥料の事業採算性の高い循環システムの構築
全件表示
論文 (71件):
  • Kyohei Kuroda, Maho Takai, Takeo Sekiguchi, Tomoya Ikarashi, Hazuki Kurashita, Meri Nakajima, Masaru K. Nobu, Masashi Hatamoto, Takashi Yamaguchi, Yuki Nakaya, et al. Development of an internal two-stage upflow anaerobic reactor integrating biostimulation strategies to enhance the degradation of aromatic compounds in wastewater from purified terephthalic acid and dimethyl terephthalate manufacturing processes. Water Research. 2024. 121762-121762
  • Erina Fujiwara-Nagata, Gentoku Nakase, Kyohei Kuroda, Takashi Narihiro, Mitsuru Eguchi. Early prediction of environmental deterioration in a coastal fish farming area using lactic acid bacteria as an indicator. Fisheries Science. 2024
  • Kyohei Kuroda, Meri Nakajima, Ryosuke Nakai, Yuga Hirakata, Shuka Kagemasa, Kengo Kubota, Taro Q.P. Noguchi, Kyosuke Yamamoto, Hisashi Satoh, Masaru K. Nobu, et al. Microscopic and metatranscriptomic analyses revealed unique cross-domain parasitism between phylum Candidatus Patescibacteria/candidate phyla radiation and methanogenic archaea in anaerobic ecosystems. mBio. 2024. e03102-23
  • 黒田恭平, 成廣隆. PET関連物質および原料製造廃水の嫌気的分解微生物の発見. バイオサイエンスとインダストリー. 2024. 82. 2. 164-166
  • Kyohei Kuroda, Ryota Maeda, Futaba Shinshima, Kampachiro Urasaki, Kengo Kubota, Masaru K. Nobu, Taro Q.P. Noguchi, Hisashi Satoh, Masahito Yamauchi, Takashi Narihiro, et al. Microbiological insights into anaerobic phenol degradation mechanisms and bulking phenomenon in a mesophilic upflow anaerobic sludge blanket reactor in long-term operation. Water Research. 2024. 253. 121271-121271
もっと見る
MISC (5件):
  • Hazuki Kurashita, Masashi Hatamoto, Shun Tomita, Takashi Yamaguchi, Takashi Narihiro, Kyohei Kuroda. Comparative metagenomic analysis provides novel insights into the ecophysiology of Myxococcota in activated sludge systems. bioRxiv. 2024
  • Microscopic and metatranscriptomic analyses revealed unique cross-domain symbiosis betweenCandidatusPatescibacteria/candidate phyla radiation (CPR) and methanogenic archaea in anaerobic ecosystems. bioRxiv. 2023
  • Naoki Fujii, Kyohei Kuroda, Takashi Narihiro, Yoshiteru Aoi, Noriatsu Ozaki, Akiyoshi Ohashi, Tomonori Kindaichi. Unique episymbiotic relationship between <i>Gracilibacteria</I> and <i>Zoogloea</I> in activated sludge flocs in a municipal wastewater treatment plant. bioRxiv. 2023
  • 黒田恭平, 成廣隆. 微生物工学とゲノム解析で廃水処理に革新を起こす PET原料製造廃水の効率的な処理システムを提案. 産総研マガジン(Web). 2023. 2023. Apr
  • Kyohei Kuroda, Kyosuke Yamamoto, Ryosuke Nakai, Yuga Hirakata, Kengo Kubota, Masaru K. Nobu, Takashi Narihiro. Symbiosis between Patescibacteria and Archaea discovered in wastewater-treating bioreactors. bioRxiv. 2022
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物 ・有用物質生産への活用
    技術情報協会 2023 ISBN:9784861049781
  • Transforming for Sustainability -The guide for your action on the SDG 7 & 9-
    Maruzen-Yushodo 2020 ISBN:9784841940305
  • 自活性線虫とBacillales目細菌を優占化させた廃棄物利用型の土壌改良資材
    アグリバイオ 2019年12月臨時増刊号 2019
  • SDGs fun learning book : a bright future for all of us
    Maruzen-Yushodo 2019 ISBN:9784841940206
講演・口頭発表等 (170件):
  • PCRフリーの金ナノ粒子プローブを用いたメタン生成アーキアと寄生性超微小細菌の迅速定量技術の開発
    (日本水環境学会年会講演集 2023)
  • 北海道の河川における農業・下水処理由来物質に着目した溶存有機物や生物化学的指標の縦断分析
    (日本水環境学会年会講演集 2023)
  • 培養法とゲノム情報に基づいた嫌気性PETモノマー分解機構の解明
    (日本水環境学会年会講演集 2023)
  • Candidatus Patescibacteria/CPRとメタン生成アーキアの共培養系確立への挑戦
    (日本水環境学会年会講演集 2023)
  • PET原料製造廃水処理UASB反応器に優占する門レベル未培養系統群の実態解明
    (日本水環境学会年会講演集 2023)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2016 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 エネルギー・環境工学専攻
  • 2011 - 2013 長岡技術科学大学大学院 工学研究科 環境システム工学専攻
  • 2009 - 2011 鹿児島工業高等専門学校専攻科 土木工学専攻
  • 2004 - 2009 鹿児島工業高等専門学校 土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (長岡技術科学大学)
経歴 (11件):
  • 2024/04 - 現在 長岡技術科学大学 客員准教授
  • 2024/01 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 客員准教授
  • 2023/10 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 主任研究員
  • 2020/04 - 2023/09 国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 研究員
  • 2018/08 - 2020/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 協力研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2024/01 - 現在 Applied and Environmental Microbiology (AEM) Editorial Board Member
  • 2023/08 - 現在 公益社団法人日本水環境学会 水環境学会誌 特集企画編集部会 委員
  • 2023/08 - 現在 生物工学若手研究者の集い(若手会) 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー 実行委員
受賞 (47件):
  • 2024/03 - 第58回日本水環境学会年会 年会優秀発表賞(クリタ賞)
  • 2023/11 - 日本微生物生態学会 第1回日本微生物生態学会若手賞 微生物の生態と代謝機能から切り拓く生物学的廃水処理技術の新展開
  • 2023/06 - 日本水環境学会 論文奨励賞(廣瀬賞) High-rate cotreatment of purified terephthalate and dimethyl terephthalate manufacturing wastewater by a mesophilic upflow anaerobic sludge blanket reactor and the microbial ecology relevant to aromatic compound degradation
  • 2023/05 - 令和5年度廃棄物資源循環学会九州支部 研究ポスター発表会・留学生等交流会 優秀ポスター賞
  • 2023/03 - 第57回日本水環境学会年会 年会学生ポスター発表賞(ライオン賞)
全件表示
所属学会 (4件):
日本線虫学会 ,  日本水環境学会 ,  日本微生物生態学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る