研究者
J-GLOBAL ID:201601016184880188   更新日: 2021年06月15日

山口 暢俊

Yamaguchi Nobutoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://bsw3.naist.jp/ito/
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (5件): 植物学 ,  環境応答 ,  花発生 ,  エピジェネティクス ,  遺伝学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2022 階層縦断的に機能するエピジェネティックバイオタイマーの仕組みの理解
  • 2019 - 2021 フィールド条件で植物の高温順化を制御するゲノム・エピゲノムの機能解析
  • 2020 - 2021 植物の花びらの細胞をモデルとした老化の基本原理の解明
  • 2018 - 2019 ヒストン脱メチル化酵素JUMONJIによる高温を記憶する分子基盤の解明
  • 2018 - 2018 人の健康をサポートする蜜を作る器官「蜜腺」の働きを向上させる技術の開発
全件表示
論文 (38件):
  • Nobutoshi Yamaguchi, Satoshi Matsubara, Kaori Yoshimizu, Motohide Seki, Kouta Hamada, Mari Kamitani, Yuko Kurita, Yasuyuki Nomura, Kota Nagashima, Soichi Inagaki, et al. H3K27me3 demethylases alter HSP22 and HSP17.6C expression in response to recurring heat in Arabidopsis. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Nobutoshi Yamaguchi, Toshiro Ito. JMJ Histone Demethylases Balance H3K27me3 and H3K4me3 Levels at the HSP21 Locus during Heat Acclimation in Arabidopsis. Biomolecules. 2021. 11. 6. 852-852
  • Margaret Anne Pelayo, Nobutoshi Yamaguchi, Toshiro Ito. One factor, many systems: the floral homeotic protein AGAMOUS and its epigenetic regulatory mechanisms. Current opinion in plant biology. 2021. 61. 102009-102009
  • Yang Zhu, Samantha Klasfeld, Cheol Woong Jeong, Run Jin, Koji Goto, Nobutoshi Yamaguchi, Doris Wagner. TERMINAL FLOWER 1-FD complex target genes and competition with FLOWERING LOCUS T. Nature Communications. 2020
  • Yang Zhu, Samantha Klasfeld, Cheol Woong Jeong, Run Jin, Koji Goto, Nobutoshi Yamaguchi, Doris Wagner. Florigen family chromatin recruitment, competition and target genes. bioRxiv. 2020
もっと見る
MISC (10件):
  • 渡辺 てい, 上村 祥, 高島 喜也, 山口 暢俊, 伊藤 寿朗, 安國 良平, 細川 陽一郎. フェムト秒レーザー誘起衝撃力と原子間力顕微鏡を用いた微小植物組織の弾性検出. レーザー学会学術講演会第38回年次大会. 2018
  • 角谷 侑香, 山口 暢俊, 伊藤 寿朗. 花の形づくりを決める遺伝子ネットワーク:シロイヌナズナ花研究のこれまでとこれから. 化学と生物. 2017. 55. 9. 602-610
  • Ryo Okada, Satbhai Santosh, Sayo Kondo, Nobutoshi Yamaguchi, Setsuyuki Aoki. Functional characterization of CCA1/LHY homolog genes, PpCCA1a and PpCCA1b), in the moss Physcomitrella patens. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2009. 84. 6. 475-475
  • 山口 暢俊, 米田 好文. シロイヌナズナLFY遺伝子の時間的、空間的な発現変化による小花柄と果実の伸長方向の制御機構の解析. 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集. 2009. 2009. 0. 663-663
  • 山口 暢俊, 鈴木 光宏, 米田 好文. 花序形態形成におけるCORMBOSA1/BIGLEAFY遺伝子の機能. 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集. 2008. 2008. 0. 241-241
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • Chromatin-mediated feed-forward regulation of YUCCA4 expression by AGAMOUS and CRABS CLAWdirects gynoecium formation
    (25th ICSPR 2018 2018)
  • Upstream and downstream of the floral meristem identity gene,LEAFY
    (第59回日本植物生理学会年会 2018)
  • Regulation of floral meristem activity through the interaction of AGAMOUS, SUPERMAN, and CLAVATA3 in Arabidopsis
    (第59回日本植物生理学会年会 2018)
  • Multi-step termination of floral stem cell activities in Arabidopsis
    (第59回日本植物生理学会年会 2018)
  • Measurement of Morphological Changes in the Processes of Plant Phototropism
    (2018 Annual Meeting of the Physical Society of Taiwan 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
委員歴 (2件):
  • 2020/09 - Frontiers in Plant Science Guest Associate Editor
  • 2016/04 - 2018/03 日本植物生理学会 会計幹事
受賞 (3件):
  • 2020/11 - 一般社団法人日本植物生理学会 2021年度日本植物生理学会奨励賞 花の形態形成を制御する遺伝子ネットワークの解明
  • 2019/08 - 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域 令和元年度 第16回 梅園賞
  • 2018/04 - 文部科学省 平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 植物の花の運命を決める遺伝子ネットワーク研究
所属学会 (2件):
日本植物生理学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る