研究者
J-GLOBAL ID:201601016550383184   更新日: 2021年09月13日

浅井 鉄夫

アサイ テツオ | Asai Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 教育推進・学生支援機構  教授
  • 連合獣医学研究科  教授
研究分野 (4件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (5件): 野生動物 ,  ペット ,  食用動物 ,  獣医 ,  薬剤耐性
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 One Healthに基づくクロストリディオイデス・ディフィシル伝播様式の解明
  • 2018 - 2022 ゲノム解析と数理解析を用いた動物の社会生活による薬剤耐性菌の環境汚染の解析
  • 2018 - 2021 食品由来薬剤耐性菌のサーベイランスのための研究
  • 2016 - 2020 熱帯アフリカにおける畜産由来薬剤耐性菌発生の実態把握と対策の提案
  • 2015 - 2018 野生動物の食性の違いを利用した薬剤耐性の環境汚染経路の解析
全件表示
論文 (131件):
  • Akira Fukuda, Masaru Usui, Katsumi Ushiyama, Dipti Shrestha, Nagisa Hashimoto, Masayuki K Sakata, Toshifumi Minamoto, Osamu Yoshida, Kanako Murakami, Yutaka Tamura, et al. Prevalence of antimicrobial-resistant Escherichia coli in migratory Greater White-fronted Goose (Anser albifrons) and their habitat in Miyajimanuma, Japan. Journal of wildlife diseases. 2021
  • Justice Opare Odoi, Michiyo Sugiyama, Yuko Kitamura, Akiko Sudo, Tsutomu Omatsu, Tetsuo Asai. Prevalence of antimicrobial resistance in bacteria isolated from Great Cormorants (Phalacrocorax carbo hanedae) in Japan. The Journal of veterinary medical science. 2021. 83. 8. 1191-1195
  • Komatsu T, Ohya K, Ota A, Nishiuchi Y, Yano H, Matsuo K, Odoi JO, Suganuma S, Sawai K, Hasebe A, et al. Genomic features of Mycobacterium avium subsp. hominissuis isolated from pigs in Japan. 2021
  • Justice O Odoi, Sayo Takayanagi, Michiyo Sugiyama, Masaru Usui, Yutaka Tamura, Tetsuo Asai. Prevalence of Colistin-Resistant Bacteria among Retail Meats in Japan. Food safety (Tokyo, Japan). 2021. 9. 2. 48-56
  • Montira Yossapol, Miku Yamamoto, Michiyo Sugiyama, Justice Opare Odoi, Tsutomu Omatsu, Tetsuya Mizutani, Kenji Ohya, Tetsuo Asai. Association between the blaCTX-M-14-harboring Escherichia coli Isolated from Weasels and Domestic Animals Reared on a University Campus. Antibiotics (Basel, Switzerland). 2021. 10. 4. 432-432
もっと見る
MISC (68件):
  • 浅井 鉄夫. 【薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)を検証する】AMR対策アクションプラン 獣医領域における意義. 臨床と微生物. 2021. 48. 3. 219-222
  • 大松 勉, 佐々木 羊介, 青木 博史, 浅井 鉄夫. 衛生意識向上の動機づけとしての食鳥検査記録の利用の検討. 獣医疫学雑誌. 2020. 24. 2. 87-88
  • 浅井 鉄夫. 話題の感染症 野生動物における耐性菌の保有状況. Modern Media. 2020. 66. 8. 219-225
  • 浅井 鉄夫. ワンヘルスアプローチの視野に立った耐性菌対策 医療、畜産、伴侶動物における対策と成果 畜産分野における薬剤耐性菌の対策と課題. 日本化学療法学会雑誌. 2020. 68. 3. 391-391
  • 浅井 鉄夫. ワンヘルスアプローチの視野に立った耐性菌対策 医療、畜産、伴侶動物における対策と成果 畜産分野における薬剤耐性菌の対策と課題. 感染症学雑誌. 2020. 94. 3. 354-354
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 岐阜大学 獣医学専攻
  • - 1987 岐阜大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
経歴 (3件):
  • 2015 - 岐阜大学 (連合)獣医学研究科 教授
  • 2003/06 - 2013/03 農林水産省動物医薬品検査所
  • 1989/04 - 2003/05 全国農業協同組合連合会
委員歴 (5件):
  • 2017/01 - 現在 厚生労働省 厚生労働省薬剤耐性ワンヘルス動向調査検討会
  • 2015/10 - 現在 内閣府食品安全委員会 食品安全委員会専門委員(微生物・ウイルス専門調査会,薬剤耐性に関するワーキンググループ)
  • 2018/08 - 2020/07 動物用抗菌剤研究会 動物用抗菌剤研究会
  • 2018/04 - 2020/03 日本SPF豚研究会 理事,編集委員長
  • 2020/01 - 2020/01 地方公共団体(県) 岐阜県豚コレラ有識者会議
所属学会 (7件):
動物用抗菌剤研究会 ,  日本細菌学会 ,  日本豚病研究会 ,  日本SPF豚研究会 ,  日本獣医師会 ,  日本マイコプラズマ学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る