研究者
J-GLOBAL ID:201601016567122503   更新日: 2021年12月19日

三浦 愛香

Miura Aika
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 英語学 ,  言語学 ,  外国語教育
研究キーワード (7件): 談話分析 ,  語用論 ,  ESP ,  中間言語語用論 ,  コーパス言語学 ,  外国語教育 ,  第二言語習得
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 日本人英語学習者の話し言葉コーパスが示す社会語用論的能力の検証
  • 2016 - 2019 日本人英語学習者の話し言葉コーパスにおける語用論的能力の基準特性の抽出と分析
  • 2015 - 2016 学習者コーパスに見られる語用論的能力の横断的検証:要求の発話行為におけるポライトネスの習得
  • 2012 - 2014 話し言葉と書き言葉における談話標識の使用と習得の違い
論文 (22件):
  • Aika Miura. Extracting learner-specific pragmalinguistic features: a study of requestive speech acts produced by Japanese low-proficiency English learners. SN Social Sciences. 2021. 1. 6
  • Aika Miura. Identifying the CEFR-J Levels of the Reading Texts Introduced in a Course for Current English 1 (Reading). 多言語教育実践ジャーナル. 2021. 1. 1-15
  • Aika Miura. Criterial Pragamlinguistic Features of Requestive Speech Acts Produced by Japanese Learners of English. Learner Corpus Studies in Asia and the World. 2020. 4. 1-23
  • Kazunari Shimada, Aika Miura. Japanese EFL learners' Use of Discourse Markers in Their Speech and Writing. Language Education & Technology. 2019. 56. 187-209
  • 三浦愛香. Corpus Pragmatics: Exploring criterial pragmalinguistic features of requestive speech acts produced by Japanese learners of English at different proficiency levels. 東京外国語大学大学院. 2019
もっと見る
MISC (6件):
  • 三浦愛香. Pragmalinguistic features of polite and impolite requests produced by Japanese English learners at the CEFR B1 level. 英語教育. 2019. 67. 11. 68-69
  • 三浦愛香. Forum: 4th Learner Corpus Research Conference (LCR 2017)に参加して. 英語コーパス学会 Newsletter. 2017. 83
  • 三浦愛香. 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析(2)買い物での要求の表現. 研究社WEBマガジン Lingua リレー連載 実践で学ぶコーパス活用術. 2015. 19
  • 三浦愛香. 自由研究発表を聞いて その3(題目:新しい英語教材作成支援システムLEADの紹介とCEFR-Jとの連携、発表者:東京外国語大学 投野由紀夫). 関東甲信越英語教育学会編集委員会 KATE Newsletter. 2014. 101
  • 三浦愛香. 学習者の話し言葉コーパスを使った語用論分析(1)談話標識 well, I mean, kind of, likeの使い方. 研究社WEBマガジン Lingua リレー連載 実践で学ぶコーパス活用術. 2014. 18
もっと見る
書籍 (5件):
  • 緑の信管と緑の庭園:岩永弘人先生退職記念論集
    音羽書房鶴見書店 2021
  • Prepare Your Speech and Presentation プレゼンテーションで学ぶ英語4技能
    研究社 2018 ISBN:9784327421991
  • プログレッシブ英和中辞典〔第5版〕
    小学館 2012 ISBN:4095102055
  • グランドセンチュリー和英辞典 第3版
    三省堂 2010 ISBN:4385107394
  • エースクラウン英和辞典
    三省堂 2008 ISBN:4385108668
講演・口頭発表等 (40件):
  • CEFR-based Vocabulary Level Analyzer (ver. 2.0)を用いた大学生の媒介 (Mediation) スキルの検証
    (LET関東支部第146回(2021年度秋季)研究大会 2021)
  • Appropriateness of requests with different pragmalinguistic patterns: a gap between ELT practitioners and Japanese learners of English
    (AILA 2021 World Congress 2021)
  • 学習者コーパスを用いた語用論研究
    (語用論研究に関する意見交換会 2021)
  • Criterial Pragmalinguistic Features of Requestive Speech Acts Produced by Japanese Learners of English
    (ESRC-AHRC UK-Japan SSH Connections Grants Seminar/Learner Corpus Studies in Asia and the World (LCSAW) 4th Meeting, Kobe Joint Conference 2019)
  • Overcoming difficulties associated with the use of spoken corpora in interlanguage pragmatics
    (International Workshop at the University of Bamberg: Annotation of non-standard corpora: Prospects and challenges 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 東京外国語大学大学院
  • 1998 - 1999 ランカスター大学大学院(英国)
  • 1995 - 1998 レディング大学(英国)
学位 (3件):
  • BA (Honours) in Linguistics (University of Reading, UK)
  • MA in Language Studies (Lancaster University, UK)
  • 博士(学術) (東京外国語大学)
経歴 (10件):
  • 2020/04 - 現在 立教大学 外国語教育研究センター 准教授
  • 2019/04 - 2020/03 立教大学 外国語教育研究センター設置準備室 准教授
  • 2015/04 - 2019/03 東京農業大学 農学部 准教授
  • 2011/04 - 2015/03 東京経済大学 経営学部 特任講師
  • 2010/04 - 2012/03 東京外国語大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/11 - 外国語教育メディア学会(LET)関東支部 2017年度外国語教育メディア学会(LET)関東支部奨励賞 学習者コーパスに見られる語用論的能力の横断的検証:要求の発話行為におけるポライトネスの習得
所属学会 (9件):
岩崎研究会 ,  日本語用論学会 ,  関東甲信越英語教育学会 ,  全国英語教育学会 ,  外国語教育メディア学会 ,  大学英語教育学会 ,  英語コーパス学会 ,  Learner Corpus Association ,  International Association of Pragmatics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る