研究者
J-GLOBAL ID:201601016925956659   更新日: 2020年03月28日

村田 将春

ムラタ マサハル | Murata Masaharu
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (16件):
  • 宮本 新吾, 井槌 大介, 深川 怜史, 四元 房典, 吉川 賢一, 清島 千尋, 南 星旭, 宮田 康平, 伊東 智宏, 倉員 正光, et al. Association of Serum HB-EGF Value and Response to Chemotherapy in Patients with Recurrent Ovarian Cancer. Anticancer Res. 2018. 38. 4347-4351
  • 宮本 新吾, 荒木 陵多, 清島 千尋, 四元 房典, 村田 将春. Clinical Significance of Preterm Fetal Cardiotocography in Severe Fetal Acidemia. Med Bull Fukuoka Univ. 2018. 45. 13-21
  • 胎児輸血実施マニュアル. 日本産婦人科・新生児血液学会誌. 2018
  • 宮本 新吾, 荒木 陵多, 清島 千尋, 倉員 正光, 讃井 絢子, 四元 房典, 村田 将春. Microbiome profile of the amniotic fluid as a predictive biomarker of perinatal outcome. Scientific Report. 2017
  • Kohei Miyata, Fusanori Yotsumoto, Satoshi Fukagawa, Chihiro Kiyoshima, Nam Sung Ouk, Daichi Urushiyama, Tomohiro Ito, Takahiro Katsuda, Masamitsu Kurakazu, Ryota Araki, et al. Serum Heparin-binding Epidermal Growth Factor-like Growth Factor (HB-EGF) as a Biomarker for Primary Ovarian Cancer. ANTICANCER RESEARCH. 2017. 37. 7. 3955-3960
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • CTG(胎児心拍数陣痛図)におけるAI(人工知能)導入の可能性
    (第58回日本生体医工学会 2019)
  • 福岡県における周産期医療の特徴と問題点
    (第73回九州連合産科婦人科学会 2016)
  • 一絨毛膜一羊膜双胎の管理
    (第51回日本周産期・新生児医学会 2015)
  • 胎便性腹膜炎の児の1歳6ヶ月健診における発育と腸管機能の予後
    (第33回周産期学シンポジウム 2015)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る