研究者
J-GLOBAL ID:201601016956271077   更新日: 2021年09月03日

吉田 崇紘

Yoshida Takahiro
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://yoshida-gisc.github.io/site/
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2021 - 2025 組成データ解析に基づく定数和制約下の空間回帰モデルの開発
  • 2018 - 2023 空間計量経済学における最重要課題への挑戦と新たな展開
  • 2017 - 2021 組成データ解析の新たな展開
  • 2016 - 2018 空間統計学と組成データ解析に基づく離散選択モデルの高度化
論文 (47件):
  • Meng Cai, Yuan Shi, Chao Ren, Takahiro Yoshida, Yoshiki Yamagata, Chao Ding, Nan Zhou. The need for urban form data in spatial modeling of urban carbon emissions in China: A critical review. Journal of Cleaner Production. 2021. 319. 128792
  • Soshiro Ogata, Misa Takegami, Taira Ozaki, Takahiro Nakashima, Daisuke Onozuka, Shunsuke Murata, Yuriko Nakaoku, Koyu Suzuki, Akihito Hagihara, Teruo Noguchi, et al. Heatstroke predictions by machine learning, weather information, and an all-population registry for 12-hour heatstroke alerts. Nature Communications. 2021. 12. 4575
  • Soowon Chang, Takahiro Yoshida, Daniel Castro-Lacouture, Yoshiki Yamagata. Block-level building transformation strategies for energy efficiency, thermal comfort and visibility using Bayesian multilevel modeling. Journal of Architectural Engineering. 2021. 27. 3. 05021008
  • 堤田成政, 吉田崇紘, 村上大輔, 中谷友樹. 地理的加重法の研究動向と今後の展望. GIS-理論と応用. 2021. 29. 1. 11-21
  • Takuro Kobashi, Peraphan Jittrapirom, Takahiro Yoshida, Yujiro Hirano, Yoshiki Yamagata. SolarEV City concept: Building the next urban power and mobility systems. Environmental Research Letters. 2021. 16. 2. 024042
もっと見る
MISC (4件):
  • 山形与志樹, 吉田崇紘. 既存の地域資源を生かした脱炭素・自然共生:ゼロエミやまなしの取り組み. ランドスケープ研究. 2021. 85. 2. 120-123
  • 小端拓郎, 吉田崇紘, 山形与志樹. 都市におけるPV、蓄電池、EVを使ったコスト最適な脱炭素化の道筋:京都市の例. スマートグリッド. 2020. 2020.10. 37. 33-35
  • 山形与志樹, 吉田崇紘. Value of views からValue of experienceの評価に向けて. 季刊 住宅土地経済. 2020. 2020.冬. 115. 26-35
  • 吉田崇紘. 人口構成比の観点からみた将来日本の縮図:組成データ解析の適用. 測量. 2019. 2019.4. 14-17
書籍 (6件):
  • ExcelとRではじめるやさしい経済データ分析入門
    オーム社 2020
  • Urban Systems Design: Creating Sustainable Smart Cities in the Internet of Things Era
    Elsevier 2020
  • A Better World: Sustainable Cities and Communities
    Tudor Rose 2019
  • Spatial Analysis Using Big Data: Methods and Urban Applications
    Elsevier 2019
  • 土木計画学ハンドブック
    コロナ社 2017
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2018 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(社会工学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 都市工学専攻 特任助教
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 東洋大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2021/03 国立環境研究所 地球環境研究センター 特別研究員
  • 2016/04 - 2018/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
受賞 (6件):
  • 2018 - 地理情報システム学会 ポスターセッション賞
  • 2018 - 東京大学空間情報科学研究センター CSIS DAYS優秀研究発表賞
  • 2018 - 地理情報システム学会 学会賞(研究奨励部門)
  • 2017 - Environmental Systems Research Institute (ESRI), Inc. Young Scholar Award
  • 2016 - 地理情報システム学会 ポスターセッション賞
全件表示
所属学会 (8件):
Regional Science Association International ,  Spatial Econometrics Association ,  CoDa-Association ,  日本測量協会 ,  土木学会 ,  日本都市計画学会 ,  応用地域学会 ,  地理情報システム学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る