研究者
J-GLOBAL ID:201601017022431211   更新日: 2019年11月01日

唐島田 龍之介

カラシマダ リユウノスケ | KARASHIMADA Ryunosuke
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/79492f2ec3b57bb700b71c6d52c51e2a.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/79492f2ec3b57bb700b71c6d52c51e2a.html
研究キーワード (2件): 分析化学 ,  錯体化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2013 - 現在 ランタニド-チアカリックスアレーン錯体の機能創発
  • 2013 - 現在 三脚型シッフ塩基配位子を基盤とした多核ランタニド錯体の創製
論文 (4件):
MISC (1件):
  • 唐島田龍之介. 常磁性化学シフト試薬による化学交換飽和移動を利用したMRI. ぶんせき. 2017. 6. 244-244
講演・口頭発表等 (24件):
  • Effect of Alkyl Chain Length of Tripodal Amine on Pseudo-Helical Structure and Luminescence Property of Tripodal Schiff Base-Lanthanide Complexes
    (International Symposium on Lanthanide Coordination Chemistry 2016)
  • Separation of Homo- and Heterotrinuclear Complexes for Lanthanide - Thiacalix[4]arene-p-tetrasulfonate System by Capillary Electrophoresis
    (Rare Earths 2016 2016)
  • Heterotrinuclear Cluster Complex based on Thiacalixarene Enabling f-f Communication
    (International Conference on Engineering and Technology 2016 (ICET2016) 2016)
  • キャピラリー電気泳動による同核・異核ランタニド-チアカリックスアレーン錯体の分離
    (第36回キャピラリー電気泳動シンポジウム (SCE2016) 2016)
  • キャピラリー電気泳動を用いたクラスター型同核・異核ランタニド-チアカリックスアレーン錯体の精密分離
    (第15回ホスト-ゲスト超分子化学シンポジウム(SHGSC2017) 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東北大学)
委員歴 (2件):
  • 2019/03 - 現在 日本分析化学会東北支部 会計幹事
  • 2018/03 - 現在 日本分析化学会東北支部 幹事
受賞 (7件):
  • 2017/07/22 - 日本分析化学会東北支部 みちのく分析科学シンポジウム2017 優秀ポスター賞
  • 2016/03 - 東北大学大学院環境科学研究科 環境科学研究科長賞
  • 2015/08/27 - The Tohoku University's Chemistry Summer School The Tohoku University's Chemistry Summer School Poster Award
  • 2012/11/06 - 公益社団法人日本化学会 第2回CSJ化学フェスタ2012 優秀ポスター賞
  • 2012/07/21 - 公益社団法人 日本分析化学会東北支部 みちのく分析科学シンポジウム2012 優秀ポスター賞
全件表示
所属学会 (4件):
日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  日本希土類学会 ,  ホストーゲスト・超分子化学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る