研究者
J-GLOBAL ID:201601017057182699   更新日: 2021年05月15日

今田 一姫

イマダ カヅキ | Imada Kazuki
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (5件): 応用分子細胞生物学 ,  分子生物学 ,  応用微生物学 ,  多様性生物学、分類学 ,  細胞生物学
研究キーワード (6件): プロテインキナーゼ ,  タンパク質相互作用 ,  野生酵母 ,  胞子形成 ,  メンブレントラフィック ,  分裂酵母
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 分裂酵母のDDKとNDR kinaseによる胞子細胞膜新生の新奇制御メカニズム
  • 2020 - 2022 バイオクリーナーに関する研究
  • 2019 - 2021 分裂酵母胞子表層タンパク質の特性を生かした新奇の異種タンパク質発現・分泌生産・胞子細胞表面提示システムの構築
  • 2019 - 2020 分裂酵母胞子表層タンパク質の特性を生かした新奇の異種タンパク質分泌生産・胞子細胞表面提示システム構築のための基礎研究
  • 2018 - 2019 伊勢からの醸造微生物の分離と利用
全件表示
論文 (5件):
MISC (1件):
講演・口頭発表等 (19件):
  • 高いアルコール発酵性を示す野生の分裂酵母菌株の探索と高いアルコール発酵性を示す野生の分裂酵母菌株の探索と発酵特性の検討
    (令和2年度 第3ブロック専攻科研究フォーラム 2021)
  • 分裂酵母胞子表層タンパク質の特性を使った異種タンパク質発現生産系構築への試み
    (日本農芸化学会2020年度大会 2020)
  • 分裂酵母の細胞形態形成制御因子による胞子形成開始の調節機構の解析
    (日本農芸化学会2020年度大会 2020)
  • 分裂酵母の胞子形成の制御に関わるDDK複合体Spo4-Spo6と、SIN経路因子の相互作用解析
    (日本農芸化学会2020年度大会 2020)
  • 分裂酵母胞子表層タンパク質の特性を使った 新奇異種タンパク質分泌生産系の構築
    (第3ブロック専攻科研究フォーラム 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2009 - 2015 大阪市立大学 生物地球系専攻
  • 2005 - 2009 大阪市立大学 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪市立大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 講師
  • 2017/04 - 2020/03 鈴鹿工業高等専門学校 生物応用化学科 助教
  • 2017/01 - 2017/03 大阪市立大学 大学院理学研究科 生物地球系専攻 ナショナルバイオリソースプロジェクト酵母 酵母遺伝資源センター 博士研究員
  • 2015/04 - 2016/12 大阪市立大学 大学院理学研究科 生物地球系専攻 ナショナルバイオリソースプロジェクト酵母 酵母遺伝資源センター 研究員
  • 2011/04 - 2014/03 大阪市立大学 大学院理学研究科 生物地球系専攻 日本学術振興会 特別研究員DC1
所属学会 (4件):
日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  酵母遺伝学フォーラム
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る