研究者
J-GLOBAL ID:201601017072108349   更新日: 2020年01月20日

菊地 秀与

キクチ ヒデトモ | Hidetomo Kikuchi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://orcid.org/0000-0002-7704-4859
研究分野 (5件): 生物系薬学 ,  薬理系薬学 ,  食生活学 ,  生命・健康・医療情報学 ,  科学教育
研究キーワード (7件): 天然物 ,  機能性食品 ,  食品-薬物相互作用 ,  細胞恒常性 ,  がん ,  生活習慣病 ,  情報教育
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 医薬応用に向けたジヒドロピリミジン誘導体のレチノイドとしての機能開発
  • 2018 - 2020 ヒト肝キメラマウスを用いたカクテル基質試験法による食品-医薬品相互作用の網羅的解析の確立を目指した基盤研究
  • 2018 - 2020 食品と医薬品の相互作用情報にもとづいたメニュー開発と健康情報の発信に関する研究
  • 2016 - 2018 食品-医薬品相互作用データベースの再構築に向けた戦略的取組み
論文 (14件):
  • Bowen Yu, Bo Yuan, Anna Kiyomi, Hidetomo Kikuchi, Hideki Hayashi, Xiaomei Hu, Mari Okazaki, Munetoshi Sugiura, Toshihiko Hirano, Xiaohua Pei, and Norio Takagi. Differentiation induction of human breast cancer cells by arsenite in combination with tetrandrine. American Journal of Translational Research. 2019. 11. 12. 7310-7323
  • Hidetomo Kikuchi, Bo Yuan, Xiaomei Hu, and Mari Okazaki. Chemopreventive and anticancer activity of flavonoids and its possibility for clinical use by combining with conventional chemotherapeutic agents. American Journal of Cancer Research. 2019. 9. 8. 1517-1535
  • Yuta Yoshino, Bo Yuan, Saki Okusumia, Reiji Aoyama, Ryo Murota, Hidetomo Kikuchi, Norio Takagi, and Hiroo Toyoda. Enhanced cytotoxic effects of arsenite in combination with anthocyanidin compound, delphinidin, against a human leukemia cell line, HL-60. Chemico-Biological Interactions. 2018. 294. 9-17
  • Atsuko Ohkubo, Tomomi Chida, Hidetomo Kikuchi, Tadashi Tsuda, and Katsuyoshi Sunaga. Effects of tomato juice on the pharmacokinetics of CYP3A4-substrate drugs. Asian Journal of Pharmaceutical Sciences. 2017. 12. 5. 464-469
  • Hidetomo Kikuchi, Satomi Kogure, Rie Arai, Kouki Saino, Atsuko Ohkubo, Tadashi Tsuda, and Katsuyoshi Sunaga. Rosehip inhibits xanthine oxidase activity and reduces serum urate levels in a mouse model of hyperuricemia. Biomedical Reports. 2017. 6. 5. 539-544
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 管理栄養士国家試験対策問題集
    技術評論社 2015
  • 管理栄養士過去問ここだけ丸暗記
    技術評論社 2016
  • 患者さん目線から考える がんの栄養・食事ガイドブック
    メディカルレビュー社 2017
講演・口頭発表等 (24件):
  • メディカルハーブによる CYP3A4 への影響と抗腫瘍性機能の探索
    (日本薬学会 第135年会(神戸) 2015)
  • ヒト前骨髄球性白血病細胞 HL-60 の casticin 誘発細胞毒性における p38 MAPK 活 性化を介する histone H3 リン酸化の関与
    (日本薬学会 第135年会(神戸) 2015)
  • メディカルハーブのCYP3A4阻害作用及びその基質薬物の体内動態に及ぼす影響についての検討(2)
    (第132回 日本薬理学会 関東部会(千葉) 2015)
  • メディカルハーブのCYP3A4阻害作用及びその基質薬物の体内動態に及ぼす影響についての検討(1)
    (第132回 日本薬理学会 関東部会(千葉) 2015)
  • メディカルハーブの新たな機能性の検討-抗腫瘍作用・脂肪細胞への分化 及び脂肪蓄積への影響-
    (第132回 日本薬理学会 関東部会(千葉) 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京薬科大学)
経歴 (2件):
  • 2011/04 - 2014/03 安田女子大学 助手
  • 2014/04 - 現在 城西大学 助教
所属学会 (5件):
日本薬学会 ,  日本生化学会 ,  日本組織細胞化学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本科学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る