研究者
J-GLOBAL ID:201601017098014806   更新日: 2022年01月19日

黒原 崇

kurohara takashi | kurohara takashi
所属機関・部署:
職名: 任期付研究員
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (7件): 創薬 ,  生物有機化学 ,  有機化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  エピジェネティクス ,  スクアリン酸 ,  フッ素
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2024 触媒的にRNAを分解する低分子医薬の開発
論文 (16件):
  • Takashi Kurohara, Takahito Ito, Genichiro Tsuji, Takashi Misawa, Hidetomo Yokoo, Yuta Yanase, Takuji Shoda, Takatoshi Sakai, Junko Hosoe, Nahoko Uchiyama, et al. Synthesis of Norgestomet and its 17β-isomer and evaluation of their agonistic activities against progesterone receptor. Bioorganic & Medicinal Chemistry. 2021. 49. 116425-116425
  • Hidetomo Yokoo, Nobumichi Ohoka, Mami Takyo, Takahito Ito, Keisuke Tsuchiya, Takashi Kurohara, Kiyoshi Fukuhara, Takao Inoue, Mikihiko Naito, Yosuke Demizu. Peptide Stapling Improves the Sustainability of a Peptide-Based Chimeric Molecule That Induces Targeted Protein Degradation. International Journal of Molecular Sciences. 2021
  • Takashi Kurohara, Keita Tanaka, Daisuke Takahashi, Satoshi Ueda, Yasunobu Yamashita, Yuri Takada, Hirokazu Takeshima, Shengwang Yu, Yukihiro Itoh, Koji Hase, et al. Identification of Novel Histone Deacetylase 6-Selective Inhibitors Bearing 3,3,3-Trifluorolactic Amide (TFLAM) Motif as a Zinc Binding Group. ChemBioChem. 2021
  • Piyush Gediya, Vivek K. Vyas, Vincenzo Carafa, Nikum Sitwala, Laura Della Torre, Angelita Poziello, Takashi Kurohara, Takayoshi Suzuki, Vinod Sanna, Varalakshmi Raguraman, et al. Discovery of novel tetrahydrobenzo[b]thiophene-3-carbonitriles as histone deacetylase inhibitors. Bioorganic Chemistry. 2021. 110. 104801-104801
  • Iida, T., Itoh, Y., Takahashi, Y., Yamashita, Y., Kurohara, T., Miyake, Y., Oba, M., Suzuki, T. Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Lysine Demethylase 5 C Degraders. ChemMedChem. 2021. 16. 10. 1609-1618
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (13件):
  • Development of helical peptides containing non-proteinogenic amino acids inhibiting VDR transcription
    (第58回ペプチド討論会 2021)
  • エピジェネティクス関連酵素に対する分解誘導薬の創製
    (第15回バイオ関連化学シンポジウム (Web) 2021)
  • 造血器型プロスタグランジンD合成酵素分解誘導剤の創製
    (第65回日本薬学会関東支部大会 Web 2021)
  • ビタミンD受容体転写阻害ペプチドの創製
    (第65回日本薬学会関東支部大会 Web 2021)
  • シクロブテノンの環拡大反応によるγ-ジフルオロメチルテトロネート誘導体の合成
    (第64回日本薬学会東海支部大会 愛知(金城学院大学) 2018)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2015 - 2018 名古屋大学 基盤創薬学専攻
  • 2013 - 2015 名古屋大学 基盤創薬学専攻
  • 2007 - 2013 九州保健福祉大学 薬学科
  • 2004 - 2007 宮崎県立日南高等学校
  • 2001 - 2004 日南市立細田中学校
学位 (3件):
  • 博士(創薬科学) (名古屋大学)
  • 修士(創薬科学) (名古屋大学)
  • 学士(薬学) (九州保健福祉大学)
経歴 (5件):
  • 2021/05 - 現在 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所 有機化学部 任期付研究員
  • 2021/04 - 2021/05 厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所 有機化学部 派遣研究員
  • 2019/08 - 2021/03 大阪大学 産業科学研究所 特任助教
  • 2019/06 - 2019/08 大阪大学 産業科学研究所 特任研究員
  • 2018/04 - 2019/05 京都府立医科大学 大学院医学研究科 博士研究員
受賞 (2件):
  • 2016 - 第62回 日本薬学会東海支部総会学生優秀発表賞 骨格多様化型合成を可能とする新規トリフルオロメチル置換四員環合成素子の開発
  • 公益財団法人 岩垂奨学会 奨学生
所属学会 (5件):
日本ペプチド学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学教育学会 ,  日本フッ素化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る