研究者
J-GLOBAL ID:201601017284237386   更新日: 2020年09月26日

木全 哲也

キマタ テツヤ | KIMATA Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (6件): 光工学、光量子科学 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  応用物理一般 ,  エネルギー化学 ,  原子力工学 ,  量子ビーム科学
研究キーワード (12件): 照射効果 ,  物理化学 ,  分光分析 ,  表面・界面 ,  超高速現象 ,  光物性 ,  量子力学 ,  格子欠陥 ,  ナノ粒子 ,  イオン・固体相互作用 ,  燃料電池 ,  イオンビーム
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 イオンビーム照射炭素材料のレーザー分析
  • 2018 - 2019 イオンビーム照射炭素材料のレーザー分析
  • 2015 - 2017 イオンビーム照射グラッシーカーボン基板に担持したPtナノ微粒子のXAFSによる評価
論文 (7件):
  • Tetsuya Kimata, Kazuma Yoda, Hana Matsumoto, Hiroyuki Tanabe, Fujio Minami, Yosuke Kayanuma, Kazutaka G. Nakamura. Coherent control of 40-THz optical phonons in diamond using femtosecond optical pulses. Physical Review B. 2020. 101. 174301
  • Tetsuya Kimata, Kenta Kakitani, Shunya Yamamoto, Tetsuya Yamaki, Takayuki Terai, Kazutaka G. Nakamura. Platinum nanoparticles on HOPG surface modified by 380 keV Ar+ irradiation: TEM and Raman studies. Radiation Effects and Defects in Solids. 2020. 175. 5-6. 433-439
  • Hiroyuki Okazaki, Kenta Kakitani, Tetsuya Kimata, Akira Idesaki, Hiroshi Koshikawa, Daiju Matsumura, Shunya Yamamoto, Tetsuya Yamaki. Changes in electronic structure of carbon supports for Pt catalysts induced by vacancy formation due to Ar+ irradiation. The Journal of Chemical Physics. 2020. 152. 12. 124708
  • Tetsuya Kimata, Kenta Kakitani, Shunya Yamamoto, Tetsuya Yamaki, Takayuki Terai, Kazutaka G. Nakamura. Raman spectroscopy of Ar+-irradiated graphite surface supporting platinum nanoparticles. Nuclear Inst. and Methods in Physics Research B. 2019. 444. 6-9
  • Kenta Kakitani, Tetsuya Kimata, Tetsuya Yamaki, Shunya Yamamoto, Tomitsugu Taguchi, Tomohiro Kobayashi, Wei Mao, Takayuki Terai. The interface between platinum nanoparticle catalysts and an Ar⁠+-irradiated carbon support. Surface & Coatings Technology. 2018. 355. 259-263
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 炭素材料科学の進展
    2018 ISBN:9784990343910
講演・口頭発表等 (50件):
  • フェムト秒パルス対によるダイヤモンド光学フォノンのコヒーレント制御理論
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • イオン照射GaAs単結晶における電子フォノン結合系の量子コヒーレンス計測
    (第30回光物性研究会 2019)
  • フェムト秒光パルス対を用いた40-THzダイヤモンド光学フォノンのコヒーレント制御の理論計算
    (第30回光物性研究会 2019)
  • Coherent control of optical phonons in diamond with femtosecond infrared pulses
    (The 30th International Conference on Diamond and Carbon Materials 2019)
  • Ar-ion irradiated graphite with platinum nanoparticles studied by Raman spectroscopy
    (The 30th International Conference on Diamond and Carbon Materials 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 東京工業大学 材料系材料コース
  • 2013 - 2016 東京大学 原子力国際専攻
  • 2009 - 2013 防衛大学校 応用物理学科
学位 (3件):
  • 学士(理学) (防衛大学校 (NIAD-UE))
  • 修士(工学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (6件):
  • 2016/07 - 現在 防衛省(防衛装備庁) 陸上装備研究所機動技術研究部 研究員
  • 2018/04 - 2020/09 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 実習生
  • 2019/01 - 2019/05 防衛省(防衛装備庁) 技術戦略部技術戦略課 技術企画室付
  • 2016/04 - 2016/07 防衛省(防衛装備庁) 長官官房人事官付 総合職研修生
  • 2014/02 - 2016/03 日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所 学生実習生
全件表示
受賞 (6件):
  • 2018/09 - 日本原子力学会 学生ポスターセッション 優秀賞 Arイオン照射炭素担体を利用した燃料電池用Pt触媒の作製:量子ビームで創る・測る
  • 2017/09 - 応用物理学会 講演奨励賞 Arイオン照射グラッシーカーボンを担体としたPtナノ微粒子のXAFS解析
  • 2016/12 - 日本化学会関東支部 平成28年度日本化学会群馬地区研究交流発表会 優秀賞 イオンビームによる燃料電池用白金触媒の高活性化:X線吸収端近傍構造と密度汎関数理論計算による高活性化メカニズムの解明
  • 2016/11 - 放射線プロセスシンポジウム実行委員会 第16回放射線プロセスシンポジウムポスターセッション 優秀賞 イオンビーム照射した炭素担体と白金ナノ微粒子触媒の界面状態分析
  • 2016/03 - 日本原子力学会 フェロー賞
全件表示
所属学会 (4件):
日本表面真空学会 ,  日本放射光学会 ,  日本原子力学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る