研究者
J-GLOBAL ID:201601017306641283   更新日: 2020年09月01日

宮内 拓也

ミヤウチ タクヤ | Takuya Miyauchi
所属機関・部署:
職名: 特任助教
ホームページURL (2件): https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/people/k0001_02867.htmlhttps://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/people/k0001_02867.html
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (6件): 言語学 ,  ロシア語学 ,  統語論 ,  意味論 ,  ロシア語 ,  日本語
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 名詞句の統語構造に関するロシア語を中心とした比較統語論研究
  • 2018 - 2022 ロシア語の非典型的名詞句としての数量詞句の記述的・理論的研究
  • 2019 - 2021 名詞句における統語構造と定性・特定性の意味解釈の相互関係に関する研究
  • 2017 - 2019 顕在的な冠詞がない言語における名詞句の統語構造と意味解釈の研究
論文 (20件):
  • 田中 啓行, 宮内 拓也. 指示語による文脈理解の方法. 『文脈情報を用いた文章理解過程の実証的研究: 学習者の母語から捉えた日本語理解の姿』. 2020. 169-192
  • 井伊 菜穂子, 宮内 拓也. 接続詞による文脈理解の方法. 『文脈情報を用いた文章理解過程の実証的研究: 学習者の母語から捉えた日本語理解の姿』. 2020. 143-168
  • 宮内 拓也. 文章理解研究のための視線走査実験. 『文脈情報を用いた文章理解過程の実証的研究: 学習者の母語から捉えた日本語理解の姿』. 2020. 125-142
  • 宮内 拓也. How to introduce instrumental agents: Evidence from binding in Russian event nominal phrases. Advances in Formal Slavic Linguistics 2017. 2020
  • 宮内 拓也, プロホロワ マリア. 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』のロシア語翻訳データの構築とその日露対照研究への活用の可能性. 国立国語研究所論集. 2020. 19
もっと見る
MISC (6件):
  • 匹田 剛, 光井 明日香, 後藤 雄介, 宮内 拓也. 学会動静 第68回全国大会・ワークショップ ロシア語の名詞句をめぐって. ロシア語ロシア文学研究. 2019. 51. 144-155
  • 宮内 拓也. Formal Approaches to Slavic Linguistics 28 参加報告. ロシア語研究. 2019. 29. 211-218
  • 宮内 拓也, 渡部 直也. Formal Approaches to Russian Linguistics 2・Formal Approaches to Slavic Linguistics 26 参加報告. ロシア語研究. 2017. 27. 73-84
  • 宮内 拓也, 後藤 雄介, テレギナ マリア. ロシア語における情報標示の諸要素. 語学研究所論集. 2017. 22. 75-86
  • TATEVOSOV Sergei G, 阿出川 修嘉, 宮内 拓也. ロシア語のアスペクトの語彙的および構成的要素 (翻訳). 神戸市外国語大学外国学研究所研究年報. 2016. 55. 43-53
もっと見る
書籍 (2件):
  • ゼロからスタートロシア語 : だれにでもわかる文法と発音の基本ルール
    Jリサーチ出版 2019 ISBN:9784863924383
  • AFLA 23: the proceedings of the 23rd meeting of the Austronesian Formal Linguistics Association
    Asia-Pacific Linguistics, The Australian National University 2016
講演・口頭発表等 (25件):
  • 翻訳におけるQA記述の分析: 言語学的カテゴリーを手掛かりに
    (言語処理学会第26回年次大会 2020)
  • 翻訳のための起点文書分析: 文献レビューの枠組み
    (言語処理学会第26回年次大会 2020)
  • Statistical approaches to a correlation between information structure and word orders of noun phrases in Japanese
    (The 16th international conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING 2019) 2019)
  • Syntactic case hierarchy and generalized case realization requirement in Russian: With special reference to the prepositional quantifier okolo
    (The 14th annual meeting of the Slavic Linguistics Society (SLS 14) 2019)
  • Modification of a syntactic structure of Russian event nominal phrases and some consequences
    (The 28th annual meeting of Formal Approaches to Slavic Linguistics (FASL 28) 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • 英語学習者英語作文誤用コーパス
    望月圭子, 佐野洋, 野村恵造, Caroline Kano, Matthew Miller, Joe Ragsdale, Jonathan Bolick, 松崎武志, Andrew Chen, 片山晴一, 古賀健太郎, 滝澤吉広, 斎藤翔太, 菅原更紗, 荒川和仁, 大熊洋祐, 川村駿, Laurence Newbery- Payton, 河畑謙太, 楠卓, 石塚智恵, 井上剛, 李迎日, 宮内拓也, 佐久間凱士, Kieran Richardson, Rachael Fowlie, Conwin Chin, Eri HuiLi Ting, Reiji Arthur Morris, Peter Paul Robson, Warren Gemma, Thomas Bennet, Macmillion Christopher Lee, Victoria Page, Patrick Kongmalavong, Bethanie Hayton, Ken Williams, Christopher James Tso, Travis Alexander, Tom Scullin, Tony Wang, Benjamin Larson, 陳浩然, 謝妙玲, 呉佳厚, 馮慶華, 許慈惠, 盛文忠 2016 -
  • 日本語学習者日本語作文誤用コーパス
    望月圭子, 小柳昇, 堀内仁, 于康, 森本一樹, 趙華敏, 解璞, 許慈惠, 盛文忠, 陸潔, 市川淳太, 福田翔, 菊島和紀, 宮内拓也, 片山晴一, 井上剛, 李迎日, 川村駿, 河畑謙太, 岡本進, 田村映, 楠卓, 鶴原竜郎, 上井紫帆, 山下健太郎 2016 -
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 東京外国語大学 言語文化専攻
  • 2014 - 2016 東京外国語大学 言語文化専攻 言語・情報学研究コース
  • 2010 - 2014 東京外国語大学 ロシア・東欧課程 ロシア語専攻
学位 (1件):
  • 修士(言語学) (東京外国語大学)
経歴 (10件):
  • 2019/10 - 現在 東京大学 大学院教育学研究科 特任助教
  • 2019/10 - 現在 東京外国語大学 言語文化学部・国際社会学部 非常勤講師
  • 2019/02 - 現在 東京ロシア語学院 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 明生ビジネス情報専門学校 日本語教師養成科 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 国立国語研究所 コーパス開発センター 共同研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2015/10 - 2016/12 The 23rd Annual Meeting of the Austronesian Formal Linguistics Association (AFLA 23) Organizing commitee
  • 2015/06 - The 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL 10) Organizing commitee
  • 2015/06 - The 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL 10) Organizing commitee
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 東京外国語大学 学生表彰
  • 2018/09 - Slavic Linguistics Society Travel Award
  • 2018/05 - 国立国語研究所 第16回所長賞 (若手研究者奨励賞)
所属学会 (5件):
Slavic Linguistics Society ,  日本ロシア文学会 ,  ロシア語研究会 木二会 ,  日本スラヴ人文学会 ,  日本言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る