研究者
J-GLOBAL ID:201601018689122973   更新日: 2020年01月22日

安藤 嘉奈子

アンドウ カナコ | (Unregistered) (Unregistered)
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (3件): 青年期 ,  ロール・プレイング ,  心理劇
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1ロールプレイング・サイコドラマの効用について 2青年期の食行動に関する心理学的研究
  • (1)The study of the effects of the role-playing (2)The research of the eating behavior in youth
  • 1ロールプレイ・サイコドラマの効用について 2青年期の食行動に関する心理学的研究
MISC (17件):
  • 安藤嘉奈子. 傾聴技法の習得感および日常行動の変容感とロール・プレイングの体験内容との関連-教職課程を履修する大学生女子を対象に. こころの健康(日本精神衛生学会誌). 2010
  • 安藤嘉奈子, 遠藤友香梨. 抑うつ状態が着装規範意識および衣服の色の選択に与える影響 ~大学生女子を対象に~. 共立女子大学家政学部紀要. 2010. 56
  • 安藤嘉奈子. 青年期と摂食障害. 青年心理学会ニュースレター. 2009. 50. 2-3
  • インタビュー記事. 第4部「変わる文化と習慣」読者の声(下). 読売新聞. 2008. 12月6日日刊. 47692
  • 安藤嘉奈子. 会話中の沈黙ストレスを見直すためのロール・プレイングの試み. 共立女子大学家政学部紀要. 2008. 55. 89-94
もっと見る
書籍 (2件):
  • 安藤嘉奈子・老沼かおり:家族の食卓は心の癒し.読売新聞「食ショック」取材班,食ショック,中央公論社,168,(読売新聞インタビュー記事の出版化).
    中央公論社 2009 ISBN:9784120040412
  • 岡田守弘監修,芳川玲子・安藤嘉奈子・中島香澄編: 教師のための学校教育相談学
    ナカニシヤ出版 2008 ISBN:9784779501944
講演・口頭発表等 (10件):
  • 抑うつ状態が着装規範意識および衣服の色の選択に与える影響
    (第25回日本精神衛生学会 2009)
  • 青年期の痩せ願望が食行動の問題に与える影響~児童期の親の養育態度・食卓状況との関連をも含めて
    (日本青年心理学会第16回大会 2008)
  • 会話中の沈黙ストレスを見直すためのロールプレイ実習の試み
    (日本精神衛生学会主催MRT第2回全国研究会 2007)
  • ロールプレイ体験に伴う心理的変化と自己同一性との関連について
    (第22回日本精神衛生学会 2006)
  • 教職課程の講義におけるロールプレイ実習の効用について
    (第21回日本精神衛生学会 2005)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1991 横浜国立大学 学校教育専攻 学校教育心理学専修
  • - 1991 横浜国立大学
  • - 1984 横浜国立大学 小学校教員養成課程、心理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(教育学)
委員歴 (1件):
  • 2009 - 神奈川県臨床心理士会選挙管理委員(2009~)
所属学会 (5件):
日本青年心理学会 ,  日本精神衛生学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理劇学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る