研究者
J-GLOBAL ID:201601019064257583   更新日: 2021年05月07日

小林 正典

コバヤシ マサノリ | Kobayashi Masanori
研究分野 (1件): 消化器内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
論文 (44件):
もっと見る
MISC (10件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • 潰瘍性大腸炎に合併した2型自己免疫性膵炎の1例
    (日本消化器病学会関東支部第357回例会 2019)
  • 造影超音波検査で特徴的な所見を呈した肝血管肉腫の一例
    (日本消化器病学会 関東支部第356回例会 2019)
  • ユビキチンコード遺伝子の大腸腫瘍における役割
    (第56回日本消化器免疫学会 2019)
  • 細胞診ブラシのカニューラへの応用
    (第97回日本消化器内視鏡学会総会 2019)
  • 潰瘍性大腸炎の経過中に原発性硬化性胆管炎を併発した一例
    (日本消化器病学会関東支部第351回例会 2018)
もっと見る
経歴 (4件):
  • 2018/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 特任助教
  • 2018/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 医学部附属病院 中央診療施設等 光学医療診療部 特任助教
  • 2016/04/01 - 2016/09/30 東京医科歯科大学 医学部附属病院 診療科 内科系診療部門 消化器内科 医員
  • 2012/04/01 - 2016/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 消化器病態学 大学院生
受賞 (4件):
  • 2020/04 - 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 分担研究者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂 ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
  • 2020/01 - 公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団 研究助成B「超音波内視鏡を用いた微小膵神経内分泌腫瘍の転移予測についての研究」 研究代表者:小林正典 分担研究者:工藤 篤 超音波内視鏡を用いた微小膵神経内分泌腫瘍の転移予測についての研究
  • 2019/11 - American Pancreatic Association 2019 Young Investigator Travel Award「Effectiveness of endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration for the diagnosis of pancreatic neuroendocrine tumors」 受賞者:小林正典 Effectiveness of endoscopic ultrasonography-guided fine-needle aspiration for the diagnosis of pancreatic neuroendocrine tumors.
  • 2019/04 - 令和元年度 文部科学省研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂 ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る