研究者
J-GLOBAL ID:201601019065493280   更新日: 2024年02月06日

樋口 祐次

ヒグチ ユウジ | Yuji Higuchi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/websiteofyujihiguchi/home_j
研究分野 (2件): 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  高分子材料
研究キーワード (10件): 分子シミュレーション ,  高分子 ,  脂質膜 ,  ソフトマター ,  DNA ,  結晶性高分子 ,  大規模計算 ,  粗視化シミュレーション ,  破壊 ,  高分子物理
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2024 計算科学による水圏機能材料の設計
  • 2017 - 2019 分子論的立場からの結晶性高分子の変形・破壊プロセス
  • 2014 - 2017 超低摩擦技術開発のための量子化学に基づく「なじみ」と「焼付き」の理論基盤の構築
  • 2013 - 2017 高分子の劣化と破壊:量子化学と統計物理の融合
  • 2009 - 2011 半屈曲高分子鎖の折り畳み転移:実験・理論両面からのアプローチ
論文 (78件):
  • Dimitrios G. Tsalikis, Mihai Ciobanu, Costas S. Patrickios, Yuji Higuchi. Model Amphiphilic Polymer Conetworks in the Bulk: Dissipative Particle Dynamics Simulations of Their Self-Assembly and Mechanical Properties. Macromolecules. 2023. 56. 23. 9299-9311
  • Hiroaki Ito, Naofumi Shimokawa, Yuji Higuchi. Lateral Transport of Domains in Anionic Lipid Bilayer Membranes under DC Electric Fields: A Coarse-Grained Molecular Dynamics Study. The Journal of Physical Chemistry B. 2023. 127. 41. 8860-8868
  • Takayuki Ota, Valentina Montagna, Yuji Higuchi, Takashi Kato, Masaru Tanaka, Haritz Sardon, Kazuki Fukushima. Organocatalyzed ring-opening reactions of γ-carbonyl-substituted ε-caprolactones. RSC Advances. 2023. 13. 40. 27764-27771
  • Md. Khalidur Rahman, Takeshi Yamada, Norifumi L. Yamada, Mafumi Hishida, Yuji Higuchi, Hideki Seto. Quasi-elastic neutron scattering reveals the relationship between the dynamical behavior of phospholipid headgroups and hydration water. Structural Dynamics. 2023. 10. 4
  • Yuji Higuchi, Klemen Bohinc, Jurij Reščič, Naofumi Shimokawa, Hiroaki Ito. Coarse-grained molecular dynamics simulation of cation distribution profiles on negatively charged lipid membranes during phase separation. Soft Matter. 2023. 19. 20. 3640-3651
もっと見る
MISC (70件):
  • 下川 直史, 伊藤 弘明, 樋口祐次. 荷電脂質膜の秩序形成:実験と粗視化分子動力学シミュレーションの融合. 分子シミュレーション学会誌「アンサンブル」. 2021. 23. 4. 253-259
  • 樋口祐次. 高分子材料の破壊に関する粗視化シミュレーション. 分子シミュレーション学会誌「アンサンブル」. 2020. 22. 3. 216-221
  • 下川 直史, 伊藤 弘明, 樋口 祐次. 荷電脂質膜ベシクルの相分離・自発的変形・ナノ粒子の透過. コロイドおよび界面化学部会ニュースレター. 2019. 44. 4. 17-20
  • 下川 直史, 伊藤 弘明, 樋口 祐次. 静電相互作用が支配するコロイドの膜透過シミュレーション. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 2792-2792
  • 許 競翔, 樋口祐次, 尾澤伸樹, 久保百司. マルチスケールシミュレーションによる燃料電池設計. 日本機械学会誌. 2016. 119. 1176. 608-611
もっと見る
書籍 (2件):
  • 表面・界面技術ハンドブック : 材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで
    エヌ・ティー・エス 2016 ISBN:9784864690751
  • Molecular Technology Materials Innovation
    Wiley-VCH
講演・口頭発表等 (16件):
  • 分子スケールにおける高分子材料の内部構造と破壊メカニズム
    (株式会社R&D支援センター セミナー 2024)
  • 高分子材料の機能物性に関するシミュレーションの基礎
    (第27回高分子計算機科学研究会講座 2023)
  • ソフトマター材料の変形・破壊・自己組織化に関する分子シミュレーション
    (日本接着学会 東北・北海道支部講演会 2023)
  • 分子シミュレーションによる高分子材料の内部構造と破壊メカニズムの解析
    (株式会社R&D支援センター セミナー 2023)
  • リン脂質二重膜上の水分子のダイナミクス
    (Mini-Symposium on Liquids 2022 2022)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 京都大学 大学院理学研究科
  • 2002 - 2006 京都大学 理学部 理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2022/04 - 現在 九州大学 情報基盤研究開発センター 准教授
  • 2017/04 - 2022/03 東京大学 物性研究所 助教
  • 2015/04 - 2017/03 東北大学 金属材料研究所 助教
  • 2013/10 - 2017/03 科学技術振興機構 さきがけ研究員・兼任
  • 2011/04 - 2015/03 東北大学 大学院工学研究科 助教
委員歴 (4件):
  • 2023/01 - 2026/12 分子シミュレーション学会 幹事
  • 2023/01 - 2024/12 分子シミュレーション学会 編集幹事
  • 2017/01 - 2020/12 分子シミュレーション学会 編集委員
  • 2016/10 - 2017/09 日本物理学会 領域12運営委員
受賞 (4件):
  • 2024/03 - 日本物理学会 第18回(2024年)日本物理学会若手奨励賞(領域12) 分子シミュレーションによるソフトマターの構造・物性の理解
  • 2023/12 - 日本機械学会 第36回計算力学講演会(CMD2023)優秀講演表彰 高分子材料の変形・破壊に関する粗視化分子動力学シミュレーション
  • 2021/11 - 日本シミュレーション学会 Outstanding Presentation Award Molecular Simulations on Dynamics of Lipid Bilayers and Water Molecules
  • 2021/11 - 分子シミュレーション学会 2021年度分子シミュレーション学会学術賞 ソフトマター材料に関する分子シミュレーション
所属学会 (6件):
分子シミュレーション学会 ,  ソフトマター研究会 ,  日本化学会 ,  高分子学会 ,  日本物理学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る