研究者
J-GLOBAL ID:201601019080618960   更新日: 2020年08月09日

嶼田 大海

シマダ ヒロミ | Shimada Hiromi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  教育学
研究キーワード (5件): 質的研究 ,  混合研究法 ,  作文教育 ,  アカデミック・ライティング ,  データ分析
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2024 大学アカデミック・ライティングによる大学生および大学院生の書き手としての成長
  • 2020 - 2023 学術的文章作成における大学生の意見構築
  • 2019 - 2020 学術的文章作成における大学生の意見構築-参考文献の扱いに着目して-
  • 2017 - 2018 文章指導・支援において文章技能及び文章技能を表わす用語が学習に及ぼす働き
  • 2016 - 2017 対話による学びを深める学習環境デザイン-書き手と文章指導者双方に注目して-
全件表示
論文 (3件):
  • 坂本麻裕子, 中島宏治, 宇都伸之, 渡寛法, 嶼田大海, 佐渡島紗織. ライティング授業で課題文章に付与されたコメントに対する学生の反応-実験とインタビューによる調査-. リメディアル教育. 2018. 12. 39-48
  • Shimada, H. The Process of Forming Research Questions: Undergraduate Students' Writing Graduation Theses at Waseda University. Transcommunication. 2017. 4. 1. 35-56
  • 嶼田大海. 大学生が研究の問いを立てる際の読むことと書くことの関連-大学3年次における演習科目でのグループ研究を事例として-. 全国大学国語教育学会発表要旨集. 2015. 128. 119-122
書籍 (3件):
  • レポート・論文をさらによくする「引用」ガイド
    大修館書店 2020 ISBN:9784469222715
  • 国語教育における調査研究
    東洋館出版 2018 ISBN:9784491035611
  • レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド-大学生・大学院生のための自己点検法29-
    大修館書店 2015 ISBN:9784469222449
講演・口頭発表等 (26件):
  • 卒業論文を書くための基礎講座II-学術論文における引用の作法-(オンライン講義)
    (早稲田大学本庄高等学院「卒業論文を書くための基礎講座」 2020)
  • アカデミック・ライティング-引用の基礎と全体構成-(オンライン講義)
    (東洋大学社会学部 社会福祉学科(5限)、社会学科(6限)基礎演習 2020)
  • 書き手が有益だと感じるチューターの支援行動-アンケートを用いた探索的分析-
    (The 12th Symposium on Writing Centers in Asia 2020)
  • アカデミック・ライティングにおける引用の基礎と実践 II
    (東洋大学社会学部社会福祉学科 2019)
  • アカデミック・ライティングの構成と引用の基礎
    (東洋大学社会学部社会福祉学科(イブニングコース) 2019)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2019/08 - 現在 早稲田大学 データ科学総合研究教育センター 兼任センター員
  • 2016/04 - 現在 早稲田大学 助手
委員歴 (1件):
  • 2016/12 - 2018/03 全国大学国語教育学会 研究部門委員(調査担当として)
所属学会 (5件):
初年次教育学会 ,  大学教育学会 ,  全国大学国語教育学会 ,  大学英語教育学会 ,  日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る