研究者
J-GLOBAL ID:201601019751053416   更新日: 2019年12月09日

原岡 喜重

HARAOKA YOSHISHIGE
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2015 - 2020 完全積分可能系のmoduli構造の解析と関連する幾何学
  • 2009 - 2014 微分方程式のrigidity・延長可能性と大域構造の解析
  • 2005 - 2009 微分方程式の解の積分表示に関する解析学と幾何学
  • 2001 - 2005 合流型超幾何関数における層理,外積構造,漸近挙動,接続係数
  • 1999 - 2002 非線形可積分系の法素数還元
全件表示
論文 (46件):
  • 原岡 喜重. Multiplicative middle convolution for KZ equation. Math. Z. 2019
  • Vladimir Belavin, Yoshishige Haraoka and Raoul Santachiara. Rigid Fuchsian systems in 2-dimensional conformal field theories. Commun. Math. Phys. 2019. 365. 1. 17-60
  • 原岡 喜重. Connection problems for Fuchsian ordinary differential equations and regular holonomic systems. 数理解析研究所講究録. 2017. 2020. 1-9
  • Y. Haraoka and T. Matsumura. Three-dimensional representations of braid groups associated with some finite complex reflection groups. International Journal of Mathematics. 2017. 28. 1750109
  • Y. Haraoka. Connection problem for regular holonomic systems in several variables. ``Analytic, Algebraic and Geometric Aspects of Differential Equations'', Trends in Mathematics. 2017. 337-350
もっと見る
MISC (12件):
  • 原岡 喜重. 階乗からガンマ関数へ (特集 ガンマ関数とは何か). 数学セミナー. 2015. 54. 10. 8-13
  • 原岡 喜重. 微分方程式とガロア理論 (特集 代数学における様々な発想). 数理科学. 2015. 53. 4. 44-50
  • 原岡 喜重 [述], 近内 翔太郎 [記]. 超幾何微分方程式のrigidityによる大域解析. Rokko Lectures in Mathematics. 2015. 23. 83-112
  • 原岡 喜重. オイラーとガウスの超幾何 (特集 超幾何の原点). 数学セミナー. 2014. 53. 3. 8-13
  • 原岡 喜重. 自然という書物 (特集 大学で身につけたい数学リテラシー). 数学セミナー. 2009. 48. 5. 24-27
もっと見る
書籍 (11件):
  • 数学って面白い
    日本評論社 2001 ISBN:4535783306
  • 超幾何函数
    朝倉書店 2002
  • 教程 微分積分
    日本評論社 2004 ISBN:4535784167
  • なるほど高校数学 三角関数の物語
    講談社 2005
  • 微分方程式
    数学書房 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • アクセサリー・パラメーターの問題-微分方程式の未開の領域を目指して-
    (日本数学会年会,企画特別講演 2009)
  • Prolongation and middle convolution of Fuchsian systems
    (アクセサリー・パラメーター研究会 2009)
  • Prolongation and middle convolution of Fuchsian systems
    (Non-abelian Hodge theory and geometry of twister structure 2009)
  • Arrangements of hyperplanes arising from sections of rigid local systems
    (MSJ-SI 2009 on Arrangements of Hyperplanes 2009)
  • アクセサリー・パラメーターの個数を変える操作について
    (アクセサリー・パラメーター研究会 2010)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る