研究者
J-GLOBAL ID:201601020361961727   更新日: 2024年07月08日

後藤 新悟

ゴトウ シンゴ | Goto Shingo
所属機関・部署:
職名: 上級研究員
ホームページURL (2件): http://www.naro.affrc.go.jp/nifts/introduction/chart/0702/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/nifts/research/division_of_citrus_research/genome_research_unit/index.html
研究分野 (3件): 園芸科学 ,  遺伝育種科学 ,  分子生物学
研究キーワード (10件): ゲノム編集 ,  サイエンスコミュニケーション ,  植物病理学 ,  植物生理学 ,  雄性不稔性 ,  耐病性 ,  イネ ,  カンキツ ,  ゲノム育種 ,  遺伝子組換え
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 カンキツCMS原因遺伝子の探索と稔性回復遺伝子の同定
  • 2018 - 2021 種なし性カンキツ育種効率化に向けたウンシュウミカン由来雄性不稔遺伝子単離の試み
  • 2018 - 2019 ラオスマンゴー遺伝資源のDNAマーカーによる多様性解析
  • 2017 - 2019 マンゴー遺伝資源のDNAマーカーによる多様性解析
  • 2015 - 2018 カンキツのゲノム情報を利用したわい化関連遺伝子座の同定
論文 (30件):
  • Satoru Maeda, Shingo Goto, Haruhiko Inoue, Haruka Suwazono, Hiroshi Takatsuji, Masaki Mori. Improvement of Broad-Spectrum Disease-Resistant Rice by the Overexpression of BSR1 via a Moderate-Strength Constitutive Promoter and a Pathogen-Inducible Promoter. Plants. 2024. 13. 8. 1138-1138
  • Shingo Goto, Hiroshi Fujii, Hiroko Hamada, Satoshi Ohta, Tomoko Endo, Tokurou Shimizu, Keisuke Nonaka, Takehiko Shimada. Allelic haplotype combinations at the MS-P1 region, including P-class pentatricopeptide repeat family genes, influence wide phenotypic variation in pollen grain number through a cytoplasmic male sterility model in citrus. Frontiers in Plant Science. 2023. 14
  • Tomokazu Ohishi, Ryuuta Fukutomi, Yutaka Shoji, Shingo Goto, Mamoru Isemura. The Beneficial Effects of Principal Polyphenols from Green Tea, Coffee, Wine, and Curry on Obesity. Molecules (Basel, Switzerland). 2021. 26. 2
  • T. Shimizu, A. Kitajima, K. Nonaka, T. Yoshioka, S. Ohta, S. Goto, E. Kaminuma, Y. Nakamura. A model for the domestication and diversification processes of modern citrus cultivars in Japan. Acta Horticulturae. 2019. 1230. 7-14
  • Shingo Goto, Terutaka Yoshioka, Satoshi Ohta, Masayuki Kita, Hiroko Hamada, Tokurou Shimizu. QTL mapping of male sterility and transmission pattern in progeny of Satsuma mandarin. PLOS ONE. 2018. 13. 7. e0200844-e0200844
もっと見る
MISC (17件):
  • 小宮凛悟, 後藤新悟. カンキツ花粉稔性評価および計数プログラム. 職務作成プログラム. 2023. 機構-D10
  • Shingo Goto. CTAB-based DNA extraction for citrus. protocols.io. 2022
  • 後藤新悟. 種なしカンキツを効率よく育種する技術. Fruit & Tea Times. 2020. 18. 9-14
  • 後藤 新悟. カンキツ果実の種子数を決める花粉数と花粉の受精する能力を判別できる DNAマーカーを開発 ~種なしや種が少ないカンキツの育種を加速~. 国際柑橘学会日本支部 ISC情報. 2019. 38. 2. 2
  • 後藤 新悟. 種なしカンキツの育種を加速する技術を開発 -カンキツ果実の種子数を決める花粉量と花粉の受精能力を 判別できるDNAマーカー-. 農研機構プレスリリース. 2019
もっと見る
特許 (5件):
書籍 (2件):
  • “二重膜オルガネラの遺伝学”, 蛋白質核酸酵素 増刊
    共立出版 2005
  • “Photosynthesis: Fundamental Aspects to Global Perspectives”
    International Society of Photosynthesis Research 2005
講演・口頭発表等 (82件):
  • Development of strong plant derived promoter-terminator combination to enhance gene expression and genome editing in mandarin protoplasts
    (12th Annual UF/DAS CREC Research Synposium)
  • Diplotype at the MS-P1 Region Determines Male Sterility in Breeding Germplasms Harboring Kishu-Cytoplasm through a Cytoplasmic Male Sterility Model in Citrus
    (Plant & Animal Genome Conference 31 2024)
  • カンキツ細胞質雄性不稔における稔性回復遺伝子候補の同定とそれら遺伝子が位置する領域のハプロタイプごとの機能推定
    (日本育種学会第143回講演会 2023)
  • 機械学習によるカンキツ雄性不稔性評価と実用性
    (園芸学会令和4年度春季大会 2022)
  • PCRとアガロースゲル電気泳動でカンキツ雄性不稔性実生を選抜できるDNAマーカーの開発
    (園芸学会令和3年度春季大会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2001 - 2006 静岡県立大学大学院 生活環境科学研究科 食品栄養科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(食品栄養科学) (静岡県立大学)
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 農研機構 果樹茶研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ品種育成・生産グループ 上級研究員
  • 2023/07 - 2024/06 Citrus Research and Education Center, University of Florida 客員研究員
  • 2019/10 - 2021/03 農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ育種ユニット 上級研究員
  • 2019/04 - 2019/09 農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツ育種ユニット 主任研究員
  • 2017/04 - 2019/03 農研機構 果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 カンキツゲノムユニット 主任研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/11 - 育種学会中部支部会 育種学会中部地区談話会 優秀ポスター賞 カンキツ後代における雄性不稔性の遺伝様式
所属学会 (3件):
日本植物細胞分子生物学会 ,  園芸学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る