研究者
J-GLOBAL ID:201601020554664258   更新日: 2021年09月03日

中辻 知

ナカツジ サトル | Nakatsuji Satoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.nakatsuji-lab.phys.s.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (3件): ナノ材料科学 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  金属材料物性
研究キーワード (20件): 電気磁気効果 ,  量子相転移 ,  ワイル磁性体 ,  ホール効果 ,  ワイル金属 ,  強相関電子系 ,  反強磁性体 ,  磁気光学カー効果 ,  異常ネルンスト効果 ,  フラストレート磁性 ,  ラッティンジャー半金属 ,  ワイル半金属 ,  トポロジー ,  多極子近藤系 ,  価数揺動系 ,  クラスター多極子 ,  局在多極子系 ,  多極子近藤効果 ,  局在多極子 ,  J-Physics
競争的資金等の研究課題 (34件):
  • 2020 - 2022 多極子近藤系における新しい量子相とその量子臨界現象の実験的研究
  • 2019 - 2022 ワイル磁性体における電気磁気応答の発現機構の解明
  • 2019 - 2022 モノサイクル高強度テラヘルツ磁場発生技術開拓とワイル磁性制御
  • 2018 - 2021 電子構造のトポロジーを利用した機能性磁性材料の開発とデバイス創成
  • 2018 - 2020 トポロジカル量子磁性相の実験的開拓
全件表示
論文 (183件):
  • Taishi Chen, Takahiro Tomita, Susumu Minami, Mingxuan Fu, Takashi Koretsune, Motoharu Kitatani, Ikhlas Muhammad, Daisuke Nishio-Hamane, Rieko Ishii, Fumiyuki Ishii, et al. Anomalous transport due to Weyl fermions in the chiral antiferromagnets Mn3X, X = Sn, Ge. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • K. Takubo, H. Man, S. Nakatsuji, K. Yamamoto, Y. Zang, Y. Harata, H. Wadati, A. Yasui, T. Mizokawa, D. I. Khomskii. Spin-orbital liquid in Ba3CuSb2O9 stabilized by oxygen holes. Phys. Rev. Mater. in press. 2021
  • Yishu Wang, T. Reeder, Y. Karaki, J. Kindervater, T. Halloran, N. Maliszewskyj, Yiming Qiu, J. A. Rodriguez, S. Gladchenko, S. M. Koohpayeh, et al. Monopolar and dipolar relaxation in spin ice Ho2Ti2O7. Science Advances. 2021. 7. 25. eabg0908-eabg0908
  • Shintaro Suzuki, Kou Takubo, Kentaro Kuga, Wataru Higemoto, Takashi U. Ito, Takahiro Tomita, Yasuyuki Shimura, Yosuke Matsumoto, Cédric Bareille, Hiroki Wadati, et al. High-temperature antiferromagnetism in Yb based heavy fermion systems proximate to a Kondo insulator. Physical Review Research. 2021. 3. 2
  • Takafumi Nakano, Tomoya Higo, Ayuko Kobayashi, Shinji Miwa, Satoru Nakatsuji, Kay Yakushiji. Fabrication of polycrystalline Weyl antiferromagnetic Mn3Sn thin films on various seed layers. Physical Review Materials. 2021. 5. 5
もっと見る
MISC (253件):
書籍 (10件):
  • トポロジカル磁性体が拓ひらく新たな応用展開 量子制御による革新的機能の創製に向けて
    応用物理第90巻 第4号 2021
  • 磁気八極子によるワイル磁性体の巨大磁気応答制御
    固体物理vol.55 No.11 2020
  • 新しい熱電変換技術:磁性体の異常ネルンスト効果
    O pluse E, 7-8月号 2019
  • 反強磁性体において実現した室温での巨大異常ネルンスト効果~磁気ワイルフェルミオンが織りなるトポロジカル現象~
    固体物理 Vol.54 2019
  • 量子効果で10倍以上の磁気熱電効果を室温で実現~新しい熱電変換、環境発電への応用へ期待
    クリーンエネルギー 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (126件):
  • Electrical manipulation of the antiferromagnetic Weyl semimetal state in Mn3Sn
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES 2020 Online Brazil) 2021)
  • Topological Magnetic Semimetals and Manipulation of their Giant Responses
    (Physical Review Workshop on Quantum Materials for Modern Magnetism & Spintronics (Q3MS) 2021)
  • Electrical manipulation of a Weyl semimetallic state
    (APS March Meeting 2021)
  • Electrical manipulation of an antiferromagnetic Weyl semimetal state
    (5th CEMS Topical Meeting Online focused on Correlated Topological Semimetals and Insulators 2020)
  • Electrical manipulation of a topological Weyl antiferromagnet
    (Magnetism;Magnetic Materials;MMM Conference 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 京都大学
  • 1996 - 1998 京都大学
  • 1992 - 1996 京都大学 金属系学科
経歴 (14件):
  • 2020/02 - 現在 東京大学 トランススケール量子科学国際連携研究機構 機構長(併任)
  • 2019/10 - 現在 ジョンズホプキンス大学 Research Professor(併任)
  • 2019/06 - 現在 Canadian Institute For Advanced Research Fellow
  • 2019 - 現在 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻 教授
  • 2019 - 現在 東京大学 物性研究所 特任教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2011 - 国際会議 Strongly Correlated Electron Systems, SCES2011(英国ケンブリッジ) International Advisory Committee委員
  • 2010 - 国際会議 Srongly Correlated Electron Systems, SCES2010 (米国サンタフェ) International Advisory Committee委員
  • 2010 - 国際会議 Highly Frustrated magnetism, HFM2010(米国ボルティモア) Program Committee委員
受賞 (8件):
  • 2018/03 - 日本物理学会 日本物理学会論文賞
  • 2015/02 - 日本学術振興会 日本学士院 学術奨励賞
  • 2015/02 - 日本学術振興会 日本学術振興会賞 強相関電子系における新しい量子物性の開拓
  • 2012/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2011/05 - JPSJ編集委員会 大和エイドリアン賞
全件表示
所属学会 (2件):
米国物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る