研究者
J-GLOBAL ID:201601020599466783   更新日: 2020年06月08日

新谷 考央

Araya Takao
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 植物栄養学、土壌学 ,  植物分子、生理科学
論文 (9件):
講演・口頭発表等 (19件):
  • A phospholipid binding protein homolog (PBPH) regulates gravitropic response of primary root in Arabidopsis thaliana.
    (Rooting2014, Weimar 2014)
  • マルコフ連鎖モンテカルロ法を用いた根の構造の解析方法の開発
    (日本植物生理学会第54回大会 2013)
  • シロイヌナズナCLE-CLV1カスケードの下流因子の探索とその機能解析
    (日本植物生理学会第53回大会 2011)
  • CLE-CLAVATA1 signaling pathway regulates lateral root development in Arabidopsis thaliana.
    (Nitrogen2010, Aichi 2010)
  • Roles of CLE1-CLE7 in root development in Arabidopsis thaliana.
    (ICAR2010, Yokohama 2010)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (大阪大学理学研究科)
経歴 (3件):
  • 2013/05 - 現在 Leibniz-Institut für Pflanzengenetik und Kulturpflanzenforschung (IPK) Gatersleben Department of Physiology and Cell Biology Postdoc
  • 2011/04 - 2013/03 Michigan State University Department of Biochemistry and Molecular Biology Postdoc
  • 2008/04 - 2011/03 理化学研究所 植物科学センター 特別研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る