研究者
J-GLOBAL ID:201601020760921941   更新日: 2019年05月29日

五十嵐 達

イガラシ トオル | Igarashi, Toru
所属機関・部署:
職名: 助教(有期)
研究分野 (1件): 麻酔科学
論文 (4件):
  • K. Mori, T. Suzuki, S. Minamishima, T. Igarashi, K. Inoue, D. Nishimura, H. Seki, T. Yamada, S. Kosugi, N. Katori, S. Hashiguchi and H. Morisaki. Neutrophil gelatinase-associated lipocalin regulates gut microbiota of mice. J Gastroenterol Hepatol. 2015
  • 五十嵐 達. The Effects of Epidural Anesthesia on Growth of Escherichia coli at Pseudosurgical Site: The Roles of the Lipocalin-2 Pathway. ANESTHESIA AND ANALGESIA. 2015. 121. 1. 81-89
  • K. Mori, T. Suzuki, T. Igarashi, K. Inoue, T. Asahara, K. Nomoto, H. Seki, T. Yamada, S. Minamishima, S. Kosugi, N. Katori and H. Morisaki. Persistent hyperglycemia modulates gut immune function and microbiota in rats. J Intensive Care. 2015. 3. 1. 34
  • 五十嵐 達、森 力哉、井上 敬、鈴木 武志、森﨑 浩. 区域麻酔とがん免疫機構. 麻酔. 2013. 62. 9. 1097-1105
書籍 (2件):
  • ハートナーシング・呼吸器ケア2012年合同臨時増刊
    メディカ出版 2012
  • 麻酔科医のための区域麻酔スタンダード
    中山書店 2015
講演・口頭発表等 (13件):
  • 食道癌術後胃管気管支瘻患者に対する気管切開・ステント挿入術の麻酔経験
    (日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部 第47回 合同学術集会 2007)
  • 高齢者に対するセボフルラン併用レミフェンタニル麻酔での覚醒時の回復状況の検討
    (日本臨床麻酔学会 第28回大会 2008)
  • 睡眠時無呼吸症候群とコントロール不良の糖尿病を合併した、肥満患者の右乳腺部分切除術の麻酔管理
    (日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部 第48回 合同学術集会 2008)
  • 麻酔導入後に多型性心室性頻拍(torsades de pointes) を来した1症例
    (日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部 第49回 合同学術集会 2009)
  • can we reduce the administration dose of propofol when anesthesia is induced by propofol with continuous infusion of remifentanil?
    (2nd World Congress of TOTAL INTRAVENOUS ANAESTHESIA - TCI 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2005 慶応義塾大学 医学部
  • 2011 - 2015 慶応義塾大学大学院 麻酔学
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾)
経歴 (7件):
  • 2005/04/01 - 2006/03/31 伊勢原協同病院 臨床研修医
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 慶応義塾大学病院 臨床研修医
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 慶応義塾大学病院 医員
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 東海大学医学部付属病院 医員
  • 2009/04/01 - 2010/03/31 済生会横浜市東部病院 医員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/05/17 - 日本麻酔科学会第61回学術集会 優秀演題 硬膜外麻酔は内毒素血症ラットにおいてリポカイン2発現を増強し、手術部位感染リスクを減少させる
  • 2014/04/26 - 日本区域麻酔学会 第1回学術集会 優秀演題 硬膜外麻酔と手術創部感染 好中球分泌蛋白リポカリン2発現を介する機序への効果
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る