研究者
J-GLOBAL ID:201601020904040481   更新日: 2020年04月22日

板山 昂

イタヤマ アキラ | ITAYAMA AKIRA
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://itayama-akira.jimdofree.com/
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (6件): 犯罪に対する一般市民の認知 ,  量刑判断 ,  社会的制裁 ,  社会心理学 ,  法と心理学 ,  犯罪心理学
論文 (11件):
  • 板山 昂, 入山 茂. 展望 : これからの犯罪心理学と法と心理学の交差点 (特集 犯罪心理学と法と心理学の交差点 : これまでとこれからを考える). 法と心理 = Japanese journal of law and psychology. 2019. 19. 1. 19-23
  • 入山 茂, 板山 昂. 企画趣旨 (特集 犯罪心理学と法と心理学の交差点 : これまでとこれからを考える). 法と心理 = Japanese journal of law and psychology. 2019. 19. 1. 1-6
  • 板山 昂, Itayama Akira, イタヤマ アキラ. 厳罰志向性と量刑判断に関する大学生と保護者の比較. 対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology. 2018. 18. 165-171
  • 板山 昂. グローバルスタディI(ミャンマー/2015冬ヤンゴン)の活動と課題 (特集 グローバルスタディ教育活動報告書). 多文化共生研究叢書. 2017. 1. 65-78
  • 田中 亜裕子, 板山 昂. 大学生の自己困難認知と大学適応との関係. 教育総合研究叢書 = Studies on education. 2017. 10. 13-27
もっと見る
MISC (5件):
  • 板山 昂. 書評 佐伯昌彦/著 『犯罪被害者の司法参加と量刑』 (東京大学出版会, 2016 年). 法と心理. 2017. 17. 1. 108-110
  • Koji Abe, Yukihiro Takagishi, Akira Itayama. Depression symptoms among senior survivors of flood-affected area in Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 960-960
  • Akira Itayama, Koji Abe, Yukihiro Takagishi. Reliability and validity of a short-form Post Traumatic Growth Inventory Japanese version (PTGI-J-SF). INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 961-961
  • Yukihiro Takagishi, Akira Itayama, Koji Abe. The influential factors on developing PTSD for senior survivors of post flood-disaster area in Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 963-963
  • 板山 昂. 小俣謙二・島田貴仁/著, 『犯罪と市民の心理学-犯罪リスクに社会はどうかかわるか』, 北大路書房, 2011年. 法と心理. 2012. 12. 1. 121-122
書籍 (7件):
  • 司法・犯罪心理学入門 : 捜査場面を踏まえた理論と実務
    福村出版 2019 ISBN:9784571250538
  • 司法・犯罪心理学 (シリーズ心理学と仕事)
    北大路書房 2019 ISBN:4762830615
  • 人間関係の社会心理学
    晃洋書房 2018 ISBN:9784771030619
  • 心理学基礎実験を学ぶ-データ収集からレポート執筆まで
    北樹出版 2016 ISBN:4779304830
  • 裁判員裁判における量刑判断に関する心理学的研究: 量刑の決定者と評価者の視点からの総合的考察
    風間書房 2014 ISBN:4759920153
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間文化学) (神戸学院大学)
所属学会 (4件):
法と心理学会 ,  日本犯罪心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る