研究者
J-GLOBAL ID:201601020979800333   更新日: 2022年06月29日

野本 貴大

ノモト タカヒロ | Nomoto Takahiro
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://scholar.google.com/citations?user=Fki5AecAAAAJ&hl=ja
研究分野 (3件): 腫瘍診断、治療学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (3件): 中性子捕捉療法 ,  光線力学療法 ,  ドラッグデリバリーシステム
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2022 - 2025 Cold tumorをhot tumorに変える不安定鉄キレート技術の創出
  • 2021 - 2024 重畳化した超音波照射による生体高分子の経皮薬剤送達システムの構築
  • 2019 - 2024 高分子ナノテクノロジーを基盤とするバイオ医薬品送達システムの開発
  • 2020 - 2023 ポリビニルアルコールを利用した中性子捕捉療法用DDSの開発
  • 2020 - 2022 がん関連アミノ酸トランスポーターを標的とした光増感剤送達システムの開発
全件表示
論文 (65件):
  • Aziz Awaad, Hiroyasu Takemoto, Muneaki Iizuka, Koichi Ogi, Yuki Mochida, Abdul-Hackam Ranneh, Masahiro Toyoda, Makoto Matsui, Takahiro Nomoto, Yuto Honda, et al. Changeable net charge on nanoparticles facilitates intratumor accumulation and penetration. Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society. 2022. 346. 392-404
  • Yuta Kurashina, Risa Asano, Makoto Matsui, Takahiro Nomoto, Keita Ando, Kentaro Nakamura, Nobuhiro Nishiyama, Yoshitaka Kitamoto. Quantitative Analysis of Acoustic Pressure for Sonophoresis and Its Effect on Transdermal Penetration. Ultrasound in medicine & biology. 2022. 48. 5. 933-944
  • Yuto Honda, Takahiro Nomoto, Makoto Matsui, Hiroyasu Takemoto, Yutaka Miura, Nobuhiro Nishiyama. Sequentially Self-Assembled Nanoreactor Comprising Tannic Acid and Phenylboronic Acid-Conjugated Polymers Inducing Tumor-Selective Enzymatic Activity. ACS applied materials & interfaces. 2021
  • Haochen Guo, Takahiro Nomoto, Sjaikhurrizal El Muttaqien, Xiaohang Sun, Kana Komoto, Makoto Matsui, Yutaka Miura, Nobuhiro Nishiyama. Polymeric Iron Chelators Enhancing Pro-Oxidant Antitumor Efficacy of Vitamin C by Inhibiting the Extracellular Fenton Reaction. Molecular pharmaceutics. 2021
  • Yuto Honda, Takahiro Nomoto, Hiroyasu Takemoto, Makoto Matsui, Kaori Taniwaki, Haochen Guo, Yutaka Miura, Nobuhiro Nishiyama. Systemically Applicable Glutamine-Functionalized Polymer Exerting Multivalent Interaction with Tumors Overexpressing ASCT2. ACS Applied Bio Materials. 2021
もっと見る
MISC (102件):
  • 野本 貴大. PDT、PITの未来を目指して 精密設計高分子を基盤とした薬物送達システムによるPDT. 日本レーザー医学会誌. 2021. 42. 3. 151-151
  • 野本 貴大, 西山 伸宏. 【ドラッグデリバリーの体外からのコントロール】中性子捕捉療法と光線力学療法を指向した薬物送達システムの設計. Drug Delivery System. 2021. 36. 3. 185-191
  • 本田 雄士, 野本 貴大, 松井 誠, 三浦 裕, 西山 伸宏. タンニン酸とフェニルボロン酸導入高分子から成る自己会合型ナノリアクターの構築および酵素プロドラッグ療法への応用. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2021. 37回. 112-112
  • 野本 貴大, 小成田 翔, 鈴木 実, 松井 誠, 西山 伸宏. ポリビニルアルコールを利用したボロノフェニルアラニンの中性子捕捉療法における治療効果向上. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2021. 37回. 114-114
  • 松尾 拓海, 本田 雄士, 野本 貴大, 松井 誠, 三浦 裕, 西山 伸宏. タンニン酸とフェニルボロン酸修飾高分子からなるCRISPR/Casタンパク質デリバリーシステムの開発. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2021. 37回. 135-135
もっと見る
特許 (15件):
書籍 (5件):
  • 月刊「化学」研究物語 スライムから発想を得たがん治療
    2020
  • 文藝春秋・巻頭随筆 液体のりとiPhone
    2020
  • ドラッグキャリア設計入門 DDSからナノマシンまで
    丸善出版 2019
  • Photochemistry for Biomedical Applications
    Sringer Nature 2018
  • Cancer targeted drug delivery
    Springer 2013
学歴 (4件):
  • 2009 - 2014 東京大学 バイオエンジニアリング専攻
  • 2007 - 2009 東京大学 マテリアル工学科
  • 2005 - 2007 東京大学 理科II類
  • 2002 - 2005 私立早稲田高等学校
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 北里大学 理学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 現在 東京工業大学 科学技術創成研究院 助教
  • 2015/04 - 現在 ナノ医療イノベーションセンター 客員研究員
  • 2014/04 - 2016/03 東京工業大学 資源化学研究所 助教
  • 2011/04 - 2014/03 東京大学 大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 学術振興会特別研究員(DC1)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2021/07 - 現在 日本中性子捕捉療法学会 薬剤評価標準化対応委員会 委員
  • 2021/07 - 現在 日本中性子捕捉療法学会 NCT Letter委員会 委員
受賞 (12件):
  • 2021/09 - 19th International Congress on Neutron Capture Therapy Fairchild Award
  • 2021/08 - 東京工業大学科学技術創成研究院 IIRウィーク優秀発表賞
  • 2021/06 - 東京工業大学 挑戦的研究賞
  • 2020/10 - 第41回日本レーザー医学会総会、第30回日本光線力学学会学術講演会、第16回日本脳神経外科光線力学学会 若手アワード (LASER WEEK IN KOCHI)
  • 2020/08 - 物質・デバイス領域共同研究拠点 第2回 物質・デバイス共同研究賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本バイオマテリアル学会 ,  日本薬学会 ,  日本中性子捕捉療法学会 ,  日本DDS学会 ,  日本光線力学学会 ,  国際中性子捕捉療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る