研究者
J-GLOBAL ID:201601021166985650   更新日: 2018年10月22日

矢口 哲也

ヤグチ テツヤ | YAGUCHI, Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.yaguchilab.arch.waseda.ac.jp/http://www.yaguchilab.arch.waseda.ac.jp/
研究分野 (2件): デザイン学 ,  都市計画・建築計画
研究キーワード (5件): 持続可能な都市 ,  都市農業 ,  ユニバーサルデザイン ,  都市計画 ,  アーバンデザイン
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2017 大学キャンパス再生・更新のための、空間特性データベース化の試み -東京都内の大学キャンパス80事例を対象にして-
論文 (13件):
  • 矢口 哲也. 「音声声誘導システムを用いた視覚障がい者歩行支援実証実験-小田急線梅が丘駅・世田谷区立総合福祉センター間を事例として-」. 日本建築学会技術報告集. 2019
  • 根本 悠希, 矢口 哲也. 移動販売事業展開に伴う利用者同士における交流関係の実態 -京王ほっとネットワークを題材として-. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
  • 中村 優介, 矢口 哲也. 夜間の公園内歩道における印象評価構造の抽出と画像シミュレーションを用いた安心感を促す照明配置の検討. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
  • 金子 亮介 , 矢口 哲也. 街路の中心性・接続性と物理要素が立つ及び座る滞留行動に与える影響 - 渋谷センター街地域を対象として -. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
  • 矢口 哲也, 藤沼 拓巳. SNS の利用により形成される都市のイメージ構造 ー Flicker 上にストックされた写真画像のジオタグと内容類似度に着目してー. 日本建築学会大会学術講演梗概集. 2018
もっと見る
MISC (4件):
  • 矢口 哲也. 「世田谷区梅丘地区におけるUni-Voice Navi実証実験報告書」. JAVIS日本視覚障がい情報普及支援協会. 2018
  • 矢口 哲也. San Francisco Veterans Affairs Medical Center LRDP. 2014
  • 矢口 哲也. Taking Down Freeway to Reconnect Neighborhood. Urbanist. 2013
  • 矢口 哲也. 4th and King Street Railyards. 2012
書籍 (2件):
  • 早稲田建築学報「分散型オリンピックパークとしての都市へ」
  • 早稲田建築学報「アーバンデザインの仕事」
講演・口頭発表等 (5件):
  • オフィス移転前後のユーザーの満足度構造分析
    (日本建築学会大会 1993)
  • 作業行動を考慮したオフィス環境記述 : その1 オフィス環境記述のための意味的環境の抽出
    (日本建築学会大会 1995)
  • Large Scale Urban Design Practice Focusing on Sustainability - A Case Study of Qingdao Blue Silicon Valley Core Area, Shandong, China
    (ISAIA 2016)
  • タウンハウスに付随する閉じられた共用庭の利用実態に関する研究 -エディンバラ新市街のコモンガーデンにおける公共開放に着目して-
    (日本建築学会大会 2017)
  • SNS の利用により形成される都市のイメージ構造 - Flicker 上にストックされた写真画像のジオタグと内容類似度に着目して-
    (日本建築学会大会 2018)
Works (21件):
  • Warm Springs BART Area Specific Plan, Fremont, California
    矢口 哲也 2003 -
  • West Alameda Streetscape, West Alameda, California
    矢口 哲也 2004 -
  • University Park and Town Center Framework Plan, Chula Vista, California
    矢口 哲也 2005 -
  • UC San Diego Revelle/Muir Neighborhood Planning Study, San Diego, California
    矢口 哲也 2007 -
  • San Leandro TOD, San Leandro, California
    矢口 哲也 2007 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 1993 東京理科大学 工学部建築学科 建築学科
  • 1993 - 1995 東京工業大学 総合理工学研究科 社会開発工学専攻
  • 2001 - 2002 カリフォルニア大学バークレー校 College of Environmental Design アーバンデザイン専攻
学位 (3件):
  • 都市デザイン学修士 (カリフォルニア大学バークレー校)
  • 工学修士 (東京工業大学)
  • 工学士 (東京理科大学)
経歴 (5件):
  • 1995/04 - 2001/07 鹿島建設株式会社
  • 2002/07 - 2003/06 Kaplan McLaughlin Diaz Architects
  • 2003/06 - 2008/06 BMS Design Group (現 Page)
  • 2008/06 - 2016/04 EDAW(現AECOM) アソシエイトプリンシパル
  • 2016/04 - 現在 早稲田大学 Professor
委員歴 (1件):
  • 2018/10 - 現在 気仙沼市 市新庁舎建設基本構想策定有識者会議委員
受賞 (2件):
  • 2013/05 - PCBC PCBC Gold Nugget Award
  • ローズビル市ダウンタウン再開発公社 パビリオン@ウティカジャンクション、ローズビル市街地活性化提案
所属学会 (5件):
アメリカ都市計画家協会 ,  アメリカ建築家協会 ,  日本造園学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る