研究者
J-GLOBAL ID:201601021466168867   更新日: 2024年06月07日

小西 昭充

コニシ アキミツ | Konishi Akimitsu
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://tenure.showa.gunma-u.ac.jp
研究分野 (2件): 医化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (11件): 老化 ,  アミノ酸代謝 ,  細胞老化 ,  テロメア ,  細胞周期チェックポイント ,  ゲノム安定性 ,  DNA損傷応答 ,  telomere ,  cell cycle checkpoint ,  genome integrity ,  DNA damage response
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2021 - 2024 分岐鎖アミノ酸代謝を起点とする新規細胞老化機構の解明と細胞老化制御法確立への戦略
  • 2017 - 2020 テロメア機能から読み解く遺伝性乳癌におけるゲノム不安定化のメカニズム
  • 2017 - 2020 エピゲノム疾患の解明と治療戦略の開発
  • 2016 - 2017 AIDシステムを利用したヒト細胞でのシェルテリン複合体によるテロメア機能の解析
  • 2014 - 2017 テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)
全件表示
論文 (24件):
  • Xian Zhao, Keisuke Kiyozuka, Akimitsu Konishi, Reika Kawabata-Iwakawa, Yoji Andrew Minamishima, Hideru Obinata. Actin-binding protein Filamin B regulates the cell-surface retention of endothelial sphingosine 1-phosphate receptor 1. The Journal of biological chemistry. 2023. 104851-104851
  • Keisuke Kiyozuka, Xian Zhao, Akimitsu Konishi, Yoji Andrew Minamishima, Hideru Obinata. Apolipoprotein M supports S1P production and conservation and mediates prolonged Akt activation via S1PR1 and S1PR3. Journal of biochemistry. 2023
  • Yuji Tanaka, Hideru Obinata, Akimitsu Konishi, Noriyuki Yamagiwa, Makoto Tsuneoka. Production of ROS by Gallic Acid Activates KDM2A to Reduce rRNA Transcription. Cells. 2020. 9. 10. 2266-2266
  • Tanaka Y, Konishi A, Obinata H, Tsuneoka M. Metformin activates KDM2A to reduce rRNA transcription and cell proliferation by dual regulation of AMPK activity and intracellular succinate level. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 18694
  • Meruna Nagata, Satoko Arakawa, Hirofumi Yamaguchi, Satoru Torii, Hazuki Endo, Masatsune Tsujioka, Shinya Honda, Yuya Nishida, Akimitsu Konishi, Shigeomi Shimizu. Dram1 regulates DNA damage-induced alternative autophagy. Cell stress. 2018. 2. 3. 55-65
もっと見る
MISC (15件):
  • 大日方 英, Zhao Xian, 清塚 啓介, 小西 昭充, 南嶋 洋司. アクチン結合蛋白フィラミンBは受容体を細胞表面に維持することで内皮スフィンゴシン1リン酸受容体1の機能を制御している(Actin-binding protein Filamin B regulates endothelial sphingosine 1-phosphate receptor 1 functions by keeping the receptor on cell-surface). 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2023. 96回. [1P-051]
  • 入江 和樹, 荒牧 佑磨, 土田 愛子, 大日方 英, 和泉 孝志, 南嶋 洋司, 小西 昭充. テロメア短縮系を用いた効率的な複製老化系の樹立および分岐鎖アミノ酸代謝の細胞老化における役割の解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2023. 96回. [1P-388]
  • 大日方英, 荒牧佑磨, 入江和樹, 南嶋洋司, 小西昭充. 細胞老化過程における分岐鎖アミノ酸代謝の変調. 質量分析総合討論会講演要旨集. 2023. 71st
  • 土田愛子, 入江和樹, 荒牧佑磨, 南嶋洋司, 小西昭充. テロメア短縮による細胞老化の過程で変化する細胞内タンパク質の網羅的解析. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2022. 45th
  • 小西昭充, 荒牧佑磨, 大日方英, 南嶋洋司. 分岐鎖アミノ酸代謝の変調と細胞・個体老化. がんと代謝研究会プログラム&抄録集. 2022. 8th
もっと見る
書籍 (6件):
  • 分岐鎖アミノ酸代謝の変調と老化・加齢性疾患
    「基礎老化研究」日本基礎老化学会 2024
  • 【細胞死のすべて-そのメカニズムと生命現象・疾患との関わり】アポトーシスと非アポトーシス細胞死「ミトコンドリアを経由するアポトーシス」
    「医学のあゆみ」医歯薬出版 2022
  • 可溶性2-アラキドノイルグリセロール産生酵素、DDHD2の酵素学的解析
    「脂質生化学研究」日本脂質生化学会 2016
  • 【成熟・展開するアポトーシス研究】アポトーシスの引き金 DNA二重鎖切断によるアポトーシス
    「実験医学」羊土社 2004
  • X線によるDNA傷害とアポトーシス
    「蛋白質・核酸・酵素」共立出版 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • Actin-binding protein Filamin B regulates endothelial sphingosine 1-phosphate receptor 1 functions by keeping the receptor on cell-surface
    (第96回日本生化学会大会 2023)
  • テロメア短縮系を用いた効率的な複製老化系の樹立および分岐鎖アミノ酸代謝の細胞老化における役割の解析
    (第96回日本生化学会大会 2023)
  • 分岐鎖アミノ酸代謝の変調と細胞・個体老化
    (第96回日本生化学会大会 2023)
  • 代謝物解析から迫る細胞・個体老化〜分岐鎖アミノ酸代謝の変調を中心に〜
    (第46回日本基礎老化学会大会 2023)
  • 細胞老化過程における分岐鎖アミノ酸代謝の変調
    (第71回質量分析総合討論会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2003 名古屋市立大学 大学院医学研究科 腫瘍・免疫外科学
  • 1988 - 1994 名古屋市立大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋市立大学)
経歴 (9件):
  • 2017/04 - 現在 群馬大学大学院医学系研究科 生化学 講師
  • 2013/03 - 2017/03 群馬大学大学院医学系研究科 生化学 SC講師
  • 2011/04 - 2013/03 東京医科歯科大学・難治疾患研究所 病態細胞生物学 講師
  • 2008/02 - 2011/03 東京医科歯科大学・難治疾患研究所 MTTプログラム 特任助教
  • 2005/10 - 2008/03 Human Frontier Science Program 長期フェロー(兼務)
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2022/10 - 現在 Frontiers in Cell and Developmental Biology Editorial Board of Cell Death and Survival
  • 2018/01 - 現在 日本生化学会 日本生化学会英文誌 The Journal of Biochemistry (JB) Advisory Board(Molecular Biology 部門)
  • 2017/04 - 現在 北関東医学会 評議員
受賞 (5件):
  • 2022/08 - 群馬大学 ベストティーチャー学長賞
  • 2022/02 - 群馬大学医学部 ベストティーチャー石井賞
  • 2013/11 - 文部科学省 テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)
  • 2005/10 - Human Frontier Science Program Long-term Fellowship
  • 2005/01 - 上原記念生命科学財団 リサーチフェローシップ
所属学会 (6件):
日本質量分析学会 ,  日本プロテオーム学会 ,  日本生化学会 ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る