{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602000143244056   整理番号:58A0078429

原子力館の実験検査

Controle experimental de l’Atornium.
著者 (2件):
資料名:
巻: 23  号: 7/8  ページ: 329-332  発行年: 1958年
JST資料番号: A0311A  ISSN: 0001-4923  CODEN: ASSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
巨大で複雑な原子力館の構造計算の基礎となっている仮定を実物実験で検査した報告.中央円柱,最下部の球体の骨組とパイプについて建設の途中で荷重試験をおこない,各部材の応力分布,変形が計算値と一致するかどうかを検討した.この実験装置と実験成績の紹介
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る