{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000194962816   整理番号:66A0214205

最大電力あるいは電圧を伝送する有損失回路網の合成

Zur Synthese verlustbehafteter Netwerke mit maximaler Leistungs oder SpannungsUbertragung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 75  号:ページ: 50-53  発行年: 1966年
JST資料番号: C0116A  CODEN: HOELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
darlingtonの前補償法,伝送係数と入力ィンピーダンスの関係伝送係数と振幅自乗関数の間の関係を述べ,最大電力を伝送するためには,反響伝送係数の振幅自乗関数が実周波数軸上に1箇の零点を持つように,伝送係数の最高次係数Kを定めることを述べ,また最大電圧伝送の場合はK→0となることを述べ,3次無極フィルタについて,それぞれ数値例をあげた;図4参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る