{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602000314618499   整理番号:58A0003871

騒音による難聴の度合いの検査を産業界の人に適用する方法について

Is There a Suitable Industrial Test of Susceptibility to Noise-Induced Hearing Loss?
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 40-46,54  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0202A  CODEN: NOCOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ある期間強い騒音に耳をさらすと,難聴になり易い人と,なり難い人があり軍隊および産業界で人を採用するときあらかじめこれを知る必要がある。この検査方法が7通りについて紹介されているが,正しい方法と確認されているものが無い。この検査の正確な方法を確立するには更に長期間かつ多数の聴覚テストが必要である

前のページに戻る