{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602000339180617   整理番号:58A0029530

ペプチド結合の選択的開裂に対する隣接基効果の利用 I

The use of neighboring group effects for the selective cleavage of peptide bonds. I. On the mechanism of oxidation of β-substituted indoles with N-bromosuccinimide.
著者 (3件):
資料名:
巻: 80  号: 17  ページ: 4748-4749  発行年: 1958年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る