{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602000354036263   整理番号:58A0058379

50Mc電波の散乱伝搬

Working Ionospheric Scatter on 50 Mc.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号: 12  ページ: 28-29  発行年: 1958年
JST資料番号: D0472A  ISSN: 0033-4812  CODEN: QSTMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
50McでのDX通信を望む場合に利用する電離層散乱および流星による散乱現象の違いを述べ,これらの通信装置と方法を簡単に述べた。流星による散乱は,短時間だが小電力で安定な通信が得られ,電離層散乱は大電力を要し,比較的に長時間通信が可能,どちらを利用する場合でも送受信間で時間を定めて交互に呼出すのが望ましい
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る