{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602000439035886   整理番号:58A0062118

帰還型積分器の低周波雑音の軽減

The Reduction of Low-Frequency Noise in Feedback In-tegrators.
著者 (2件):
資料名:
巻: 105  号: 24  ページ: 532-544  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0381A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
入力信号が周期的に繰り返される場合に使われる帰還型積分器の設計法を二通り述べた.いずれも普通の直結型積分器に比べてかなりS/N比が改善される.オ1の方法はCR結合を一つだけ含んだ誤差増幅器を使って渣り,第2の方法は確度の低い直結型積分器を併用して出力に位相補正を加えて騒比を低い値にむさえながら,しかも確度を高くすることに成功している
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る