{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000501058197   整理番号:66A0269745

地域開発政策「論」への反省

著者 (1件):
資料名:
号: 39  ページ: 23-38  発行年: 1966年
JST資料番号: F0269A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
戦後、日本の地域開発政策は、占領軍天然資源局の主唱により発足し、経済安定本部が中心となって未開発低生産地域計画となって最終的には昭和25年の国土総合開発法として結実した。しかしこの法律の実施段階に至り、重要資源地域の集中開発が先決か、社会政策的見地に立った後進地域開発に重点を置くべきかの思想的対立が起り、その結果は、全国計画の策定をみぬままに特定地域の指定が行なわれ、かつ資源主義的理念により指定が行なわれたと記述。その以後の地域開発の動き等を論述し、現在の日本の地域格差是正政策は、地域経済政策であって、地域開発政策ではないと論述 ;表 3 参 1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る