{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000549667918   整理番号:66A0234441

白亜紀末の地殼運動がヨーロッパおよび隣接地域の暁新世のたい積物形成におよぼした影響

Die Auswirkung der Krustenbewegungen am Ende der Kreide auf die paleozaene Sedimentbildung in Europa und den Nachbargebieten.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1965  号: 11  ページ: 660-682  発行年: 1965年
JST資料番号: B0593A  ISSN: 0028-3630  CODEN: NJGMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ララミー初期時階とララミー晩期時階の表われが異なり,それに支配されてたい積サイクルに差異が生ずることにより,ヨーロッパと隣接地域は4区域にわけられる。1)アルプス地向斜帯北側の台地地域,2)外側のエピコンチネンタルな中間帯,3)アルプス地向斜域,4)内側のエピコンチネンタルな中間帯。火成活動は地向斜域と内側中間帯北縁とに限られる。この火成活動は塩基性ないし中性で,始新世中・後期のもの(中性ないし弱酸性)にくらべ,貫入岩と潜火山岩が優勢で,噴出岩や火砕岩は少ない;図1 参121
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る