{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602000678179032   整理番号:66A0234495

ビスマスの19の希薄二元合金の液相線

Liquidus curves of nineteen dilute binary alloys of bismuth.
著者 (1件):
資料名:
巻: 58  ページ: 302-322  発行年: 1965年
JST資料番号: E0271A  CODEN: TASEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BiとBe,Mg,Ca,A1,Si,Yb,Lu,Ti,Hf,V,Nb,Ta,W,Mn,Re,Co OS,Ir,Ptとの二元合金の液相線を決定し,本著者がさきに発表したデータとともに,溶質原子の性質と液相線との関係を調べた。ln(溶質濃度)対1/T(°K畦)は多くの系でほぼ直線で与えられる。これらのデータから計算した合金系の熱力学的な諸量は,寸法因子および溶質原子の電気的陰性度は一般的な関係はない。固相での凝集力は,その系で金属間化合物を形成する場合も,純金属同士が坪衡する場合もともに液相線の位置に大きく影響する;図18表4窒30
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る